« 233.【製造業】減損の個別簿価修正要求を切崩す縦パス | トップページ | 235.【製造業】減損はビジネス評価(ポストプレー) »

2013年4月 5日 (金曜日)

234.【金融緩和】ゴールを決めるのは企業

2013/4/5

新しい日銀は凄い。「量的・質的金融緩和」で、3週間も続いた調整局面を一挙に円安に引戻した。4日、円相場は、92円/ドル台から一挙に96円/ドル台(ニューヨーク市場)まで下落した。

 

僕は、総選挙の直後の2012/12/21の記事で、「重要なのは本当にインフレになることではなく、“インフレ期待”が実際の経済成長に繋がること。それにはチーム日本(政府・日銀・国民・企業)が、チームワーク良く、強敵の海外プレイヤーと戦おう。」みたいなことを書いた。

 

安倍政権がかけた号令に対し、今回、新しい日銀が応えて見せた。そして、最近の調査では、国民は1年後のインフレを信じると答えた人が多かったようで、インフレ期待が浸透してきたようだ(或いは、信じた振りをしている)。

 

しかし、肝心の企業が慎重だ。この1日に発表された日銀短観では、今後1年の想定為替レートを8522銭/ドルとするなど、今一つこの動きに乗りきれていない。チーム日本のチームワークは今一つだ。

 

「インフレ期待」政策は、錯覚を利用して経済が上向く弾みをつけようとするものなので、(仮に錯覚と分かっていても)みんなが流れに乗ってかないと、効果が薄くなる。いや、効果が薄まるというより、副作用が先に出てきてリスクが高まる。リスクとは経済成長が実現しないままに金利が上昇し、国債償還が危うくなることであり、日本経済全体がひどい状況になる。

 

企業が見せた慎重さは、株高や円安が“錯覚”に過ぎないと見抜く優秀さを証明するものではあるが、今やるべきことはなんだろうか。本当に避けるべきリスクは企業の視野のもっと先、或いは、企業の視野の外側にあるようだ。しかし、政府も、日銀も、国民も、既にそれを見ている。あとは企業が変化へチャレンジするだけだ。

 

« 233.【製造業】減損の個別簿価修正要求を切崩す縦パス | トップページ | 235.【製造業】減損はビジネス評価(ポストプレー) »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/57109317

この記事へのトラックバック一覧です: 234.【金融緩和】ゴールを決めるのは企業:

« 233.【製造業】減損の個別簿価修正要求を切崩す縦パス | トップページ | 235.【製造業】減損はビジネス評価(ポストプレー) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ