« 245.【製造業】減損戻入~固定資産台帳の修正を最小に!(ラスト・パス) | トップページ | 247.【製造業】「減損はビジネス評価」と問題点の B、D、E »

2013年5月19日 (日曜日)

246.【番外編】感情? それとも論理?

2013/5/19

感情か、論理か。好き嫌いか、それとも実利や正義か。みなさんは何かを決めてくださいと言われたら、どうやって判断しますか。例えば、「スイカとメロンのどちらにしますか?」と聞かれたら。恐らく、この質問であれば、単純に好き嫌いで選ぶ人もいれば、値段(=実利)を想像して決める人もいるかもしれない。では、「橋下氏の従軍慰安婦発言を支持しますか?」というのはどうですか?

 

人は、感情的な判断、論理的な判断、及びこれらの混ざった判断を、状況によって使い分ける。どれが良いかは、一概には言えず、ケースバイケースだ。しかし、その判断の影響を受ける人が多い場合は、なるべく論理的な判断を行い、逆に自分だけの問題であれば感情的な判断でも良い、と考える傾向はあると思う。

 

今回は、橋下氏の発言について、みなさんに判断をお願いしたい。経緯を良くご存じの方も多いと思うが、改めて、この騒動の大元となった発言のエッセンスを記載するのでご覧いただきたい。橋下氏を批判する人は「女性蔑視」とか「日本のイメージを悪くし国益を損ねる」という。したがって、この問題は影響を受ける人が多い方のケース、即ち、論理的な判断をすべき事項だと思う。そこで、発端となった会見の一問一答が記載されているSYNODOSのHP(http://synodos.jp/politics/3894/1)から、好き嫌いの元になるような装飾的な部分を除いて、橋下氏の発言を短く要約する。

 

 

(慰安婦発言の前段、背景)

 

◆ 「侵略」の学術的な定義がないとしても、敗戦の結果受けた評価は受入れざるえない。また、実際に多大な苦痛と損害を周辺国に与えた事実はあるのだから、反省とお詫びが必要。そしてその反省とお詫びは、日本の側から「もういいだろう」といえる筋のものではない。

 

◆ 但し、事実と異なる批難は侮辱であり反論が必要。その例として従軍慰安婦問題を提起。

 

(従軍慰安婦に関して橋下氏が認識している事実)

 

◆ 当時は世界各国の軍がそういうものを持っていた。

 

◆ しかし、日本の従軍慰安婦問題だけが世界的に問題にされている。日本はレイプ国家であると。

 

◆ その理由は、日本は国が関与して拉致し、強制的に職に就かせたから。だが、これは誤解。

 

(橋下氏の主張)

 

◆ 反省すべきは反省し、誤解であればそれを解く努力が必要。

 

◆ (強制かどうかに関係なく)意に反して慰安婦になった人の心情はしっかり理解し配慮する必要がある。

 

以上について、僕には至極まともな主張に思える。

 

 

(追加の質問と回答)

 

ところが、この後、記者の追加質問によって、橋下氏は「(今はダメだけど)当時は従軍慰安婦が必要だった」と言わされた。加えて、「沖縄の海兵隊の司令官に日本の風俗(もちろん、合法の範囲の)を利用したらどうか」と進言したなどと、ちょっと筋違いなエピソードを自ら付け加えて、問題を複雑にした。そして、マスコミが取上げて報道したのは、上記の発言の本旨ではなく、この追加部分だった。

 

橋下氏の趣旨は、「今ダメなものは当時もダメ。しかし、当時は必要と考えられていた。なぜ必要と考えられていたかを想像すれば・・・」ということだと僕は思う。その想像が正しいと強く主張し過ぎたきらいはあるが、全体の文脈を読めば、そう思える。別に従軍慰安婦を積極的に肯定したわけではないと思う。

 

また、付け加えたエピソードの「風俗」には売春も含むがごとく誤解され、物議を醸している。マスコミは自らの報道で誤解を生み出したのに、それを是正しようとしないばかりか、逆に悪乗りしている。特に米国は、過去ではなく、現在、深刻に悩んでいる。例えば、イラク駐在の米軍内で集団レイプ事件があったと訴えられ、しかも組織的な関与が疑われるとか、最近も軍の規律責任者がその手の事件を起こしたなど。もちろん、沖縄でも事件を繰返している。そういう問題に向き合っているところへ「買春したらどうか」と日本の政治家が発言したと報道されれば、おちょくられたと感じて「ふざけるな」と思うだろう。

 

 

その結果、韓国や中国ばかりでなく、米国からも非難を浴びた。橋下氏ばかりでなく日本のイメージが悪くなると。日本は女性蔑視で人権侵害の国だと。そして本旨の方は全く霞んでしまった。

 

 

もし、上記の橋下発言の要約が、「知っている情報と違う、違和感がある」などと思われた方は、是非、上記のSYNODOSのHPをご覧いただき、ご自分で橋下氏の発言を吟味していただきたい。関係ない質問・回答もあるので、それを飛ばしてもらえば、恐らく10分か15分ぐらいでじっくり読めると思う。

 

 

さて、この一連の報道で、我々が得たものは何だっただろうか。

 

◆ 日本の悪評。しかも、誤解に基づく(米国務省の報道官は「風俗=売春」だと思って批難している)。

 

◆ 橋下氏の悪評。(しかし、上記の「橋下氏の主張」の部分は真っ当だと思う。)

 

「得た」のではなく、「失った」のだ。今まで一生懸命積上げてきた日本ののれん、good will を。

 

人間に、好き・嫌いという感情があるのは当然だ。しかし、それが多くの人の実利や正義に大きく影響することについては、好き嫌いを超えて、論理的に冷静な判断をすべきだと僕は思う。みなさんはどう思われるだろうか? 

 

それにしても、なぜこんなことになってしまったのか。橋下氏の発言に問題があったからか。それともマスコミの報道の仕方か。

 

マスコミは論理的な判断で記事の論点と表現を選んだのだろうか。ただの好き嫌いとか、面白い、面白くないではなかったか。それで日本がひどく誤解されたとしたら、マスコミはどうやって責任を取るのだろうか。少なくとも、「風俗=売春」という誤解を生んだ部分については、マスコミに責任があると思う。

 

 

いずれにしても、これで日本は「レイプ国家ではない」と主張する機会から遠ざけられてしまったのかもしれない。もしかしたらご存じない方もいらっしゃるかもしれないが、従軍慰安婦は「性奴隷」と翻訳されるなど、実際にそういう評判が定着しつつある状況だ。それを憂いての橋下発言だったのだが、結果は裏目に出てひどいことになっている。もはや、日本がそう主張しようとしても、当面の間、他国の人々は聞く耳を持たないかもしれない。

 

橋下氏は、近々、維新の会の松井氏と一緒に米国に行くという(この騒動の前からあった予定)。是非、なるべく多くの人の誤解を解いてきてほしい。米国政府関係者からは「誰も会わない」と言われているようだが、政界・政府関係者の人とは会えなくても、米国のマスコミには会えるのではないだろうか。

« 245.【製造業】減損戻入~固定資産台帳の修正を最小に!(ラスト・パス) | トップページ | 247.【製造業】「減損はビジネス評価」と問題点の B、D、E »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/57412403

この記事へのトラックバック一覧です: 246.【番外編】感情? それとも論理?:

« 245.【製造業】減損戻入~固定資産台帳の修正を最小に!(ラスト・パス) | トップページ | 247.【製造業】「減損はビジネス評価」と問題点の B、D、E »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ