« 276.【リースED】資産の使用を支配する権利 | トップページ | 278.【リースED】契約の構成部分の区別 »

2013年8月12日 (月曜日)

277.【番外編】消費増税のために国債増発?

2013/8/12

消費税率を予定通り上げるために、財政支出で景気対策をしたいそうだ。ん~、なんとなく合点がいかない。みなさんはどうだろう? 財政支出を増やすということは当然国債増発になる。しかし、国債を増発しないために消費税を上げるのではなかったのか?

 

何を言っているか良く分からない、という方は、下のリンクの日経新聞の記事をお読みいただきたい。これには有料記事の表示はないので、どなたでもお読みいただけると思う。

 

国民負担9兆円増 14年4月、予定通り消費税8%なら 景気対策が不可欠(8/9 日経電子版)

 

まるで「借金を返すから、その前にさらに借金させてくれ」といわれているような気がする。しかも、収入の倍以上の借金を積重ねた債務者から。気が短い債権者なら、ドアを指さして「お帰りください」というのではないか。しかし、僕が債権者なら、これを承諾する前に次の質問をすると思う。

 

 ・借金を追加せずに済む方法はないのか、追加で借金した方が良いと判断する理由は何か?

 

この趣旨は、借金を追加せずに済む方法が十分検討されたのかを把握したいこと、これらの方法の実現可能性を判断したいということだ。前者は債権者が債務者にあまりに寛大に対応することは、反って債務者のためにならない、もちろん、債権者のためにもならないので、「まさか、安易に金を借りに来たんじゃないでしょうね」という確認だ。後者は「実際に金が返ってくるかどうか、債権者として判断したい」という趣旨だ。まあ、僕でなくてもほとんどの方がこの質問をすると思う。あまりに当然の質問だ。

 

ちなみに、この記事では、次の4つの方法を比較している。

 

1)は最初に3%、15年10月に2%、(2)は最初に2%、その後は毎年1%ずつ、(3)は毎年1%ずつ上げる想定だ。消費税率を5%に据え置き、金利が急騰しない場合と比べた。

 

1)が追加の借金が必要なメイン・シナリオ、(2)は良く分からないが、追加の借金が必要だが額が少ないケースだろう、(3)は恐らく追加の借金が最も少ないか、不要なケースだろう。そして、それぞれについて「消費税率を5%に据え置き、・・・」のケースに比べて、GDPがどう変化するかを予想している。

 

ん~、これじゃ、税収がどうなるか分からない。聴くところによると、税収はGDPの変化率より数倍増減するらしい。国債発行額が減るのか増えるのか、景気対策にいくら使うのか、その費用対効果はどうなのか。まったく答えがない。検討がズレている。IFRS流にいえば「目的適合性」のない記事だ。

 

そしてこの記事は次のように締め括っている。

 

1%ずつなら理論上は経済の振れが小さくなるが、それには国会で消費増税の修正法案を通す必要がある。増税の影響が大きい小売業界でも「消費者を惑わせるので、当初予定どおり2段階か、1段階の引き上げが望ましい」(三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長)との声が出ている。

 

債権者は言うだろう。「修正案を通す必要があるならそれをやりなさい」と。「お金を借りる前にもっとやることがあるでしょう」と。また、「小売業にはこれ以外の意見はないのですか、例えば、消費者が惑わされることはないし、安い方を歓迎するだろう、という人はいないのですか」と。

 

結論としては、この回答で債権者が追加の融資をすることはまずあるまい。代替案のズレた検討結果を示され、真剣味のない言い訳レベルの分析や、全く一般的でない見解を拾ってこられても納得できない。世の中、この新聞が思ってるほど甘くない。こんなレベルの議論を、果たして、国債投資家はどう思うのだろうか。

 

そして、なにより納税者が納得しないだろう・・・か? ん~、先月の参議院選挙の投票率の低さや結果からすると、納税者は意外に呑気かもしれない。見過ごしてしまうかも。

 

すると、結局、新聞の思い通り、か。

 

しかしみなさん、増税して財政支出を増やす(=景気対策を行う)ということは、所得を納税者から公共事業の引受先に移すということに他ならない。一体誰が得をするのだろう。少なくとも納税者ではない。しかも、消費税の税収ばかりが増えても、不景気になって他の税収が減るようなことになれば、国債の増発は抑えられない。国の財政は反って揺らぐ。消費税の増税は一体何のためにやるのか。財政支出(=景気対策)なしで税収を増やす方法が真剣に検討されるべきではないか。ここは考えどころではないだろうか。

« 276.【リースED】資産の使用を支配する権利 | トップページ | 278.【リースED】契約の構成部分の区別 »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/57973857

この記事へのトラックバック一覧です: 277.【番外編】消費増税のために国債増発?:

« 276.【リースED】資産の使用を支配する権利 | トップページ | 278.【リースED】契約の構成部分の区別 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ