« 296.【CF DP'13】「概念フレームワークのディスカッション・ペーパー」シリーズ開始 | トップページ | 298.【CF DP】資産の定義~IASBが変えたいもの=定義から、認識規準・測定規準の要素を分離 »

2013年10月 9日 (水曜日)

297.【CF DP】資産の定義に着目する理由

2013/10/9

ディスカッション・ペーパー(以下、DP)を読み始めたが、結構面白い。いや、面白いというの語弊がある。なぜなら、難しくて意味の分からないところがかなり多いからだ。しかし、サッカー観戦でも、サッカー経験のない僕には分からない駆引きや意図が隠されたパス回しや連係プレー、テクニックが色々あるはずだが、そのすべてが分からなくても、面白いものは面白い。

 

さて、資産の定義については、約2年前にこのブログに記載しているが(2011/11/1の記事~)、そのなかで特に2011/12/15の記事「IFRSの資産(まとめ)~シンプルな定義と直感力の向上」に、IFRSの特徴が表れている。どういうことかというと・・・

 

 ・資産と負債はパラレルに定義されている。・・・資産が分かれば負債も分かる!

 

 ・資産と負債の差額が持分(純資産)で、
  その期首からの増減額が(包括)利益。・・・資産が分かれば利益までも分かる!

 

 (なお、収益や費用も、資産や負債の定義を利用して定義されている。)

 

何とシンプルな!! 資産が分かると一挙に利益まで分かってしまうとは。

 

というのが、現在の資産の定義、及び、その他の財務諸表の構成要素の定義が構造的に持つ意味だ(と僕が勝手にそう考えている)。これはIFRSの理論的な基本構造を表しているといってもよいかもしれない。しかし、このDPでは、資産の定義の変更が提案されている。するとこの基本構造はどうなるのだろうか。複雑になってしまうのか?

 

このシンプルさを維持できるかどうかは、資産と負債の定義がパラレルな関係を維持しているかどうかと、持分の増減額による損益計算という考え方が維持されているかどうかにかかっている。それを確認しようというのが、資産の定義に焦点の一つを当てた理由だ。

 

もちろん、このシンプルな基本構造が意味するところは、資産の定義が変わると会計規準全体が大きく変わる可能性があるということでもある。したがって、資産の意味が変わってしまうのかどうかについても、じっくり見ていきたい。

 

だが、IASBは、今回の概念フレームワークのプロジェクトは、現行の概念フレームワークの根本的な再検討ではなく、更新、改善、空白の補充を行うとしているので、会計規準全体が変わってしまうような概念フレームワークの改正は意図していないようだ。

 

しかし、意図しない大改正に繋がってしまう可能性はゼロではないだろうと思う。DPは、公開草案開発の準備なので、実際に概念フレームワークが改定されるのは、今後公開草案が公表されたあとになる(目標は2015年とされている)。しかし、準備段階であるがゆえに、基本的なところから議論を積上げようとするし、そしてより幅広に意見(=選択肢)を並べて検討する。記載されているIASBの見解も「予備的見解」と表現され、今後寄せられるコメントの内容や方向性によっては、十分変わる可能性がある。したがって、IASBの予期しない方向へ動く可能性はゼロとはいえないわけだ。

 

ということで、僕の言う基本構造が変わるかどうかも、資産の定義の変更内容も、確定するわけではないが、IASBの考えている方向性はDPによって示されている。それによって、ある程度、今後を占える。これは重要なことだ。

 

 

ところで、安倍首相が「岩盤規制を打ち破る」と、アジア太平洋協力会議(APEC)でぶち上げたそうだ(WSJ 10/8)。僕は心強く感じたし、そうなることを願いたい。しかし、果たしてこの発言がDP以上に信頼し、期待できるものかどうか、よく分からない。それにどうやら、特区構想など、6月の閣議決定の範囲内の規制改革を念頭にしているような気もしないではない。あれはマーケットの評価も悪かったし、僕も日本の成長力を高められるようなものか心配だ。とはいえ、こちらの方にも改めて関心を持ち続ける必要がありそうだ。

 

« 296.【CF DP'13】「概念フレームワークのディスカッション・ペーパー」シリーズ開始 | トップページ | 298.【CF DP】資産の定義~IASBが変えたいもの=定義から、認識規準・測定規準の要素を分離 »

IFRS全般(適正開示の枠組み、フレームワーク・・・)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/58347724

この記事へのトラックバック一覧です: 297.【CF DP】資産の定義に着目する理由:

« 296.【CF DP'13】「概念フレームワークのディスカッション・ペーパー」シリーズ開始 | トップページ | 298.【CF DP】資産の定義~IASBが変えたいもの=定義から、認識規準・測定規準の要素を分離 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ