« 303.【CF DP】IASBの提案の概要(3/3) | トップページ | 305.CF DP-09)会計上の不確実性~IASBの考え「セクション2-財務諸表の構成要素」 »

2013年10月31日 (木曜日)

304.CF DP-08)資産の定義~不確実性の議論の方針

2013/10/31

このシリーズを始めてそろそろ1カ月、今回が8本目の記事になる。「こんな退屈なシリーズは早く終わらせろ」と思われる方もいらっしゃると思うが、面白くなるのはこれからだ。もう少し、ご辛抱願いたい。

 

さて、僕は資産の定義から手を付けたが、「概念フレームワークから不確実性を外す」というIASBの意図を測りかねて一端頓挫し(10/21の記事)、とりあえず、アジェンダと概要をみなさんに報告することへ方針を変更した。それが前回(10/29の記事)で終了したので、今回からまた、資産の定義に戻ることになる。

 

IASBも行っているように、問題解決のためには、より根本的な原則に立ち戻って、そこからその問題を眺めて見るのが良い。IFRSの根本である概念フレームワークよりさらに根本とは何か。それは、会計の目的、即ち、会計は何故行われるのか、何を表現しようとしているのかということだろう。ということで、今回以降はIFRSを外れた話になるが、それは何も珍しいことではない。このブログを読まれているみなさんは驚かないと思うが、一応それを始めにはっきりさせてから中身に入る。

 

 

ということで、この間、僕なりに色々考えたが、キーになるのは次の2点ではないかと思う。

 

. 会計における不確実性と経営の不確実性の違い

 

. なぜ(自己創設)のれんを資産計上しないか

 

「これらが会計の目的と関係あるのか?」と思われた方も多いと思うが、僕は関係があると思っている。それは追々説明するので、まずこれからの議論の概略をご理解願いたい。

 

Aは、「(このディスカッション・ペーパーでは)どうやら会計における不確実性は、一般的に言われる(経営の)不確実性とは異なる。全然範囲が狭そうだ。」ということを説明したい。こんなに限定された不確実性なら、IASBが「概念フレームワーク」から外そうと考えるのも頷ける、という方向の話になる。

 

一方Bは、Aに対する反対意見だ。「本当に2つの不確実性はそれほど違うのだろうか」という問いが起点になる。自己創設のれんを資産計上しないのは、それ以外のすべてを表現することで、逆にそれを表現しようとしているからだ、即ち、「自己創設のれんを表現することこそ、会計の目的である」という主張を行い、そこから、自己創設のれんと不確実性の関係は、経営における不確実性と同様に重要なので、やはり会計における不確実性も概念フレームワークで扱うに足る大きな問題だ、と続いていく予定だ。

 

もちろん、これは現段階の構想であり、書いていくうちに変わってしまうかもしれない。その点は、もしそうなったら申し訳ないと、予め、お詫びを申し上げる。

 

だが、「のれんシリーズ」を既にお読みいただいた方は、Bが単なる思い付きでなく「以前も同じようなことが書いてあったなあ」と思い出していただけると思う。もし、ご確認いただけるなら、次の記事辺りが良いと思う。

 

2012/12/27 のれん ー 毎期規則的に減損するのはどう?(16)“再”のれんの本質

1/7 のれん ー 毎期規則的に減損するのはどう?(17)統合報告書の内容要素

1/10 のれん ー 毎期規則的に減損するのはどう?(18)ついに「のれん=人の評価」!

1/16 のれん  毎期規則的に減損するのはどう?(19)企業は生き物

 

たくさんリストアップしてしまったが、これでも一応絞ったつもりなのでご容赦願いたい。このポイントは僕にとっては説明が難しく、苦労を重ねた部分だった。統合報告を引っ張り出し、それにインテルの長友選手や、ぬいぐるみの話を加えてみたのだが、うまく説明できた気がしない。それにしても、たくさん挙げたので、まるでこのブログの宣伝のようになってしまい、ちょっと気が引ける。また、実際にお読みいただける方には、予想外の時間が犠牲になるので申し訳ない。その代りと言ってはなんだが、今回は短く、もう終わらせることにする。(ん~、逆にますます宣伝ぽい?)

 

« 303.【CF DP】IASBの提案の概要(3/3) | トップページ | 305.CF DP-09)会計上の不確実性~IASBの考え「セクション2-財務諸表の構成要素」 »

IFRS全般(適正開示の枠組み、フレームワーク・・・)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/58484176

この記事へのトラックバック一覧です: 304.CF DP-08)資産の定義~不確実性の議論の方針:

« 303.【CF DP】IASBの提案の概要(3/3) | トップページ | 305.CF DP-09)会計上の不確実性~IASBの考え「セクション2-財務諸表の構成要素」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ