« 333.【番外編】中国監査、何が起こってる? | トップページ | 335.【番外編】タイ政府、コメ相場で大火傷? »

2014年2月 6日 (木曜日)

334.【番外編】為替差益は天下の回り物

2014/2/6

昨日(2/5)の日経電子版を見ると、次のような見出しの記事がある。

 

経団連「賃上げで好循環つくる」 春季交渉スタート(無料記事)

 

僕が注目したのは次のところ。

 

経団連の米倉弘昌会長は会談の冒頭で「今年はまさにデフレ脱却と本格的な経済再生の大きなチャンスだ」と指摘。「企業業績の改善が投資の拡大、雇用の創出、賃金の引き上げにつながる経済の好循環をつくり出すよう努力する」と訴えた。

 

この「会談」とは経団連と連合の幹部会談、即ち、日本を代表する経営者団体と労働者団体の代表者同士の会談のことだ。「経営者が日本経済全体に配慮し、賃上げを検討する」ことは、デフレ環境下で久しく消滅していた考え方のような気がするが、それが労働者の代表の前で語られた。もしかしたら、本当にミッシング・リンク(missing link)が埋まり、日本経済に好循環が回復するか。この動きがどこまで広まるかは分からないが、とにかく、春闘に向かう雰囲気づくりとしてはとても良い感じがする。

 

しかし、月例賃金の底上げにこだわる連合側に対して、「月例賃金でも一時金でも、全体的に(総報酬が)上がればいい」と、米倉氏は記者団に語ったという。ここまで読んで、考え込んでしまった。う~ん、大丈夫だろうか。

 

日本の経営者は、この十数年で従業員の給料を下げる術を学んだのではないか(但し、賃下げなどの不利益変更には、手間がかかることも一緒に学んだかもしれない)。確かに、「給料には下方硬直性があって、いったん上げると下げられないから月例賃金の上昇を抑える」というのは、バブルが崩壊して以降もしばらくは常識だった。しかし、この十数年は違う。「経営状況に見合う賃下げは可能」が常識になった。ならば、「どうせ総報酬を増やすなら、より消費が刺激される方法で増そう」という発想にはならないだろうか。

 

一方で、もし労働者側にも、「いったん上げた月例賃金は、既得権益なので手放さない」という発想があるなら残念だ。僕は「毎月の給与が増えた方が安心して消費できそうだ」という“気分”はありえると思うので、連合がそれにこだわっているのなら目的に適合していると思う。逆に、一時金の方が消費に回りやすい事情があると考える労使があれば、賞与に反映するのもよいと思う。

 

ちなみに、労働経済学・計量経済学が専門の慶應義塾大学商学部の樋口美雄教授によると、一時金の方が貯蓄に回りやすいという(Economic & Social Research 2013年冬号P2の末尾…内閣府経済社会総合研究所発行)。即ち、月例賃金を上げる方が消費を刺激しやすいということが、実証分析などで明らかなのだろう(そこまでは書いてない)。

 

どちらも、「デフレから脱却して経済に好循環を回復する」という大目的で一致しているのだから、労使交渉もその確認から始めるのが良いと思う。経営者側も、労働者側も、狭い範囲の損得(賞与の方が引下げが楽とか、生活レベルを絶対落としたくないとか)から発想すると、反って全体のパイが広がらず、双方にとって長期的な良い結果に繋がらないように思う。

 

特に、アベノミックスに起因する為替差益や復興特別法人税の廃止分は、経営努力やイノベーションによる生産性の向上といった個別企業に帰属する成果とは異なる。外部経営環境からプレゼントされた、まさに「天下の回り物」のお金だ。もし、社内留保して溜めこんだらバチが当たる。社会の厳しい非難も覚悟した方が良いだろう。その代償として、輸入物価の上昇で食料品や電力に高い金を払っている消費者や、今後20年以上復興特別所得税を払い続ける納税者がいるのだから。法人税率引下げへの世論の賛同も、得にくくなるかもしれない。米倉氏の言われるとおり、投資の拡大や雇用・賃金、そして仕入先への支払いなどに“効果的に”活用してほしいと思う。

 

そして、4月に予定されている消費増税を日本経済が乗り切れるかどうかは、この企業の姿勢にかかっているぐらいの感覚・責任感であって欲しい。労使ともに。

« 333.【番外編】中国監査、何が起こってる? | トップページ | 335.【番外編】タイ政府、コメ相場で大火傷? »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/59078743

この記事へのトラックバック一覧です: 334.【番外編】為替差益は天下の回り物:

« 333.【番外編】中国監査、何が起こってる? | トップページ | 335.【番外編】タイ政府、コメ相場で大火傷? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ