« 347.DP-CF36)公正価値~最有効使用と不確実性 | トップページ | 349.DP-CF37)公正価値~秩序ある取引 »

2014年3月17日 (月曜日)

348.【番外編】浦和レッズに対する無観客試合処分

2014/3/17

ご存じの方が多いと思うが、Jリーグは、浦和レッズのサポーターが人種差別的な横断幕をスタジアムに掲げた問題で、浦和レッズに対し、観客なしで試合を開かせる無観客試合1試合(3/23)と譴責の処分を下した。従来のJリーグの処分は譴責や制裁金にとどまっており、無観客試合は初めてとのこと。(差別的横断幕問題でJ1浦和に初の無観客試合処分 3/13 日経)これにより失われる入場料収入は1億円相当に上るという。(スポーツの理想を覆う「日本人だけ」の横断幕 3/16 日経)

 

浦和レッズのサポーターといえば、熱狂的で大音量の応援で有名だ。浦和がアウエーでも、ホームのサポーターの応援を圧倒するほどなのだ。僕も、スタジアムでその応援に驚かさるとともに、密かに尊敬してきた。あんなに熱心な応援は、本当に好きでなければできない。

 

しかし、当然のことながら、今回のことは大反省が必要だし、Jリーグの処分も重すぎることはないと思う。とはいえ、気になることがある。この無観客試合は、清水エスパルスとの試合だが、もしかしたら、清水エスパルスも入場料収入を失うことになるのではないか。そう心配してネットを検索してみたら、次の記事があった。

 

入場料やグッズ販売など2億円近い損害 浦和レッズ「無観客試合」の影響と重みJ-CAST ニュース 3/14

 

J1のチームといえども、エスパルスの台所事情は楽ではない。Jリーグのホームページに掲載されている資料によると、エスパルスの年間売上高は34億円(平成24/1期)で、純利益は1億円だ。しかし、利益剰余金はマイナスの 13 百万円。仮にこの無観客試合の入場料収入の半分が失われるとすると 50 百万円になるが、この影響は大きい。実際には、エスパルスにどのような影響があるのだろうか。エスパルスは、今回の人種差別的な横断幕に一切関係ない。

 

「スポーツにおける人種差別」がどんなに愚かであるかは、あまりに当然過ぎて、僕が語るような話ではない。加えて、日本にとって一つもよいことがない。誰の気も晴れない。おまけに、贔屓チームに損害が及ぶと思えば、心中穏やかでいられない。この横断幕に関係のない浦和レッズのサポーターも、同じ思いだろう。

 

僕は、このJリーグの処分だけで問題が片付いたとしてはいけないように思う。もちろん、浦和レッズは、関係したサポーターに無期限入場禁止にするとか、当面横断幕を禁止するとか、役員報酬の減額なども決めている。(差別垂れ幕サポーターら、無期限入場禁止に 3/14 読売) しかし、「~をしない」という消極的な決め事だけでなく、スタジアムやホームページなどで積極的な人種差別反対の教育活動を永続的に展開してほしい。他のJリーグのチームも、同様だ。もちろん、エスパルスに対しても望む。さらに、エスパルスに関して付け加えれば、失われる入場料収入については、浦和レッズに補償してもらいたい。

 

なお、興味のある方のために、この処分に関するJリーグのニュース・リリースを紹介する。

 

ホームゲームにおける差別的な内容の横断幕掲出に対し浦和レッズに制裁を決定

« 347.DP-CF36)公正価値~最有効使用と不確実性 | トップページ | 349.DP-CF37)公正価値~秩序ある取引 »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/59306585

この記事へのトラックバック一覧です: 348.【番外編】浦和レッズに対する無観客試合処分:

« 347.DP-CF36)公正価値~最有効使用と不確実性 | トップページ | 349.DP-CF37)公正価値~秩序ある取引 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ