« 398.【番外編】ソニーの未来 | トップページ | 400.【QC02-01】有用な財務情報の質的特性を企業会計原則の一般原則と比べてみたら? »

2014年9月23日 (火曜日)

399.【番外編】秋の夜長、眠れてますか?

2014/9/23

今年は秋の訪れが早い。この数年、「暑さ寒さも彼岸まで」の諺に望みを託して寝苦しい夜を乗り越えてきたが、今年は早や、8月末から涼しい(そして清水エスパルスは調子悪い)。昨日の当地の最高気温は26℃、最低気温は17℃。湿度もそこそこで、とても快適だった(但し、エスパルスのリーグ戦の先行きを考えだすと頭が痛くなる。今日のガンバ大阪戦はどうなるだろう・・・)。

 

僕は昔から不眠症の気があって、(それは今でも続いているが)そのせいか睡眠時間は年中短めだ。みなさんは、毎日、何時間ぐらい眠られているだろうか。今年は涼しいので、もうすでに正常なペースで睡眠をとられていると思うが、昨夜は5時間、6時間、それとも7時間? そしてそれは、みなさんが満足する長さですか?

 

恐らく、みなさんも、8時間以上コンスタントに寝ておられる方はほとんどおらず、平均は6時間を超えるぐらいか。そうなる理由は、

 

・睡眠時間にそんなに時間を当てられない、

・通勤中に電車で寝てるからそれぐらいで十分、

・昼休みに10分ほど寝ればすっきりする、

・寝ていられない(年齢を重ねると・・・)

 

といったところだろう。でも、本当はもっと眠りたいと思われているのではないだろうか。

 

どうやら米国では、8時間の睡眠時間が必要とされているらしい。長い。次の記事(ちょっと長い)をご一読されることをお薦めする。十分な睡眠の必要性と効用がユーモラスに書いてある。

 

十分な睡眠にプラスの効果―給与や投資行動にも重要(WSJ無料記事 9/22

 

米国の統計では、睡眠時間が不足している人が1時間余計に眠られるようになると、16%も給料が増えるらしい。創造的な仕事ぶりでより大きな成果をあげられるからだそうだ。

 

もし、これが日本にも当てはまるならすごい。6時間そこそこの睡眠時間の日本人が毎日8時間寝るようになると、日本企業がより創造的になり、GDP が30%ぐらい増えそうだ。これは、アベノミクスの第3の矢でも触れられていない強力な成長戦略・構造改革だ。

 

僕は、意外にこういうものを真に受けるタイプだ。まずは、自分で試してみようと思う。成果はこのブログに現われるから、その成否は、みなさんが判定することになる。果たして“創造的”になるだろうか。しかし、それには不眠症を直すことに本腰を入れなければならない。そして睡眠時間を確保するために、このブログは多分もっと短文になるだろう。考えてみると、みなさんにも僕にも、良いことづくめだ。これは良い。

 

ということで、“概念フレームワークのDP”シリーズの次のテーマはまだ決まらないが、今から、睡眠時間確保のため強制的に眠ることにする(ブログは公表日の前夜に書いている。本当は収益認識の日本語訳が出るのを待っているのだが・・・)。良いアイディアが浮かんだので、今夜は気持ちよく眠れそうな気がする。(エスパルスが夢に出てこなければ、だが。)

« 398.【番外編】ソニーの未来 | トップページ | 400.【QC02-01】有用な財務情報の質的特性を企業会計原則の一般原則と比べてみたら? »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/60358663

この記事へのトラックバック一覧です: 399.【番外編】秋の夜長、眠れてますか?:

« 398.【番外編】ソニーの未来 | トップページ | 400.【QC02-01】有用な財務情報の質的特性を企業会計原則の一般原則と比べてみたら? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ