« 426.【QC02-14】会計面の比較~会計上の見積り(保守主義の原則)について | トップページ | 428.【番外編】原発廃炉の会計処理が“問題あり”だって?~その2~ちょっと横道 »

2014年12月28日 (日曜日)

427.【番外編】原発廃炉の会計処理が“問題あり”だって?

2014/12/28

数日前の話で恐縮だが、みなさんも、下記のニュースを聴いたと思う。経済産業省の有識者会議が原子力発電所の廃炉の会計処理について、「電力会社の負担を減らす特例措置を拡大するべき」という内容を含む中間報告を出したという。これは気になる。

 

原子力事業の在り方などで中間報告 12/24 NHK

 

会計方針や見積り方法を変更する場合、適正なのは次の2パターンしかない。

 

・実態が変化したので、それに合わせて会計方針や見積り方法を変更する。

 

・従来が間違っていたか、或いは、より良い方法が発見されたので、正しい方法やより良い方法へ変更する。

 

「財務諸表の利用者に影響を与えない範囲で作成者の負担を軽減する」という変更もあり得るが、これは、財務諸表の利用者にとって重要性がない項目の変更なので、ここでは取上げない。

 

何れの場合も目的は「財務諸表の利用者のため」だ。それ以外はありえない。このニュースの件はどちらなのだろうか。ところが、このニュースを見る限りでは、どちらでもなく、「電力会社の負担を軽減する」のが目的のように思えてしまう。本当だろうか。事実を確認してみよう、ということで、経産省のホームページを探してみた。

 

有識者会議の“中間報告”とは、これのことらしい。

 

場所)総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 原子力小委員会‐中間整理

 

ここに「中間整理」という PDF ファイルの文書が置いてある。そのP10 に次のように記載されている。

 

【廃炉に関する会計関連制度】

 

○原子力事業者が、廃炉の判断に伴って一括して費用が発生するおそれがあるという財務・会計上の理由から、廃炉判断を先送りするなど、事業者の合理的な判断を歪めるようなこと、事業者の最善の安全投資・不断の安全性向上に影響を及ぼすことは、厳に避けるべきである。

 

○また、廃炉判断を行った事業者に一括で多額の費用が発生し、場合によっては、廃炉の着実な遂行や電力の安定供給の確保に支障を来すという事態も避けるべきである。

 

○電力システム改革が進展していく中で、民間事業者が、適切かつ円滑な廃炉判断を行うとともに、廃炉を行う場合に廃止措置が安全かつ確実に進むよう、政府は必要な政策措置について検討を行うべきである(詳細はⅥ.に記載)。

 

詳細はⅥ.”とあるので、それも引用する。それは P19 にある。

 

【廃炉に関する会計関連制度】

 

○40年運転制限制の導入など安全規制ルールが見直される中、現行の会計・料金制度では、

 

①廃炉の判断に伴って一括して費用が発生するおそれがあり、財務・会計上の理由から事業者が廃炉判断の先送りや運転を継続する判断を行う可能性や、事業者の最善の安全投資・不断の安全性向上に影響を及ぼすおそれ

 

②廃炉判断を行った事業者に一括で多額の費用が発生し、場合によっては、廃炉の着実な遂行や電力の安定供給の確保に支障を来す可能性といった懸念がある。

 

○電力システム改革が進展していく中で、民間事業者が、適切かつ円滑な廃炉判断を行うとともに、廃炉を行う場合に廃止措置が安全かつ確実に進むよう、料金・会計の専門家も参加する場において、以下のような政策措置について検討を行う。

 

電力システム改革・自由化の進展を見据えつつ、原子力政策の変更や安全規制の変更によって廃炉に関する計画外の費用(※)が発生する場合に、一度に当該費用を発生させるのではなく、その後、一定期間をかけて償却・費用化を認める会計措置、及びそのために必要となる手当(平準化・激変緩和のための措置)。

 

※「バックフィット制度」や「運転期間延長認可制度(40年運転制限制)」等の影響により、計画外に発生する廃炉に伴う費用(資産の残存簿価、廃炉費用のうち引当が済んでいない分、その他これらに準ずるもの)

 

○原発依存度を低減させていく中において、財務会計上の理由から廃炉の判断が影響を受けることを回避し、事業者による廃炉の判断とその実施が適切かつ円滑に行われるよう、特に高経年炉7基の運転期間延長の申請期間が来年4月~7月に設定されていることも踏まえ、検討を進める。

 

なるほど。目的を正確にいえば「電力会社の負担軽減」ではなく、「廃炉の判断をスムーズに行う」ためのものらしい。これはもっともらしい目的だ。だが、冒頭に記載した会計処理の変更の適正な目的のいずれでもない。もっともらしいが、何かおかしい。財務諸表の利用者のためになっていないように思う。

 

そもそも、「原子力事業者が、廃炉の判断に伴って一括して費用が発生するおそれがあるという財務・会計上の理由から、廃炉判断を先送りする」などということがあってよいのだろうか。公益事業の経営者として恥ずべき行為だ。廃炉を検討するということは、「現状を続けるより廃炉にした方が良い可能性」が見えているということだ。普通なら、現状を続ける場合の将来キャッシュ・フローと、廃炉にした場合の将来キャッシュ・フローを試算して比較を行うことになる。

 

いや、そういう生易しいことばかりではないらしい。「廃炉判断を行った事業者に一括で多額の費用が発生し、場合によっては、廃炉の着実な遂行や電力の安定供給の確保に支障を来す可能性といった懸念がある」とされているので、廃炉が電力会社の倒産に直結する状況を想定している。

 

電力会社の経営者としては、会社を倒産させたくない。だから、廃炉にしてすぐ倒産するよりも、もっと大きな損害が将来発生すると分かっていても、廃炉にせず事業を継続する可能性がある、と心配しているのだ。

 

僕の想像が入るが、もっと分かりやすく具体的に書いてみよう。

 

・福島の事故以降の原子力規制の強化は電力会社の想定以上の厳しさであり、想定外の廃炉を求められることが現実的になってきているが、電力会社にそのような財務的な体力がない。恐らく、倒産する事業者が具体的に想定されている(例えば、活断層問題で、敦賀原発2号機の再稼働が難しくなった日本原子力発電株式会社、通称“げんでん”のことか)。

 

・将来、電力自由化(=料金設定の自由化や電力事業参入の自由化など)が進むと競争が激しくなり、電力会社の財務状況はさらに厳しくなることも予想される。その場合に経済的な理由から、最も重要な“原子力の安全”が軽んじられるかもしれないと心配している。

 

 

う~ん、いずれも電力会社の経営の問題であって、「会計処理に問題があるから直せ」という話ではないと思う。安全基準が満たせないで廃炉になるなら、その設備には収益獲得能力はないので損失計上せざるえない。電力会社の体力がないなら、その実態が分かるように表現せざるえない。会計とはそういうものだ。

 

もし、電力会社の経営問題を解決しようとするなら、廃炉設備であっても収益が稼げるような仕組みを作るか(まあ、普通はありえない)、廃炉による損失に見合った何らかの収入を外部から与えるかだろう。その結果、会計上、廃炉設備に資産性が生まれる、或いは、損失に見合った収入を計上できる。したがって、現状の会計処理を変える必要はない。このように、変える必要があるのは実態だ。

 

また、倒産や採算の悪化を恐れて原子力の安全を蔑にする経営経営者がいるというなら、原発は二度と再稼働させないでほしい。しかし、制度設計としては“いる”ことを前提にせざるえないのだろう。であれば、原子力規制庁の検査機能や権限を強化すべきだ。原子力規制委員会が廃炉の決定や経営者の処罰を行えるようにすればよい。これも、会計の問題ではない。

 

しかし、経産省の有識者会議(=原子力小委員会)が報道のような中間報告をしているということは、こんな単純思考ではなく、もっと深い考えがあるに違いない。だが、それは“中間整理”を見ても分からない。“中間整理”には、具体的な会計処理の変更内容の記載が乏しいので、何をどうしようというのか良く分からない。もっと情報はないだろうか。

 

ということで、経産省のHPを良く見ていくと、次のようなワーキンググループも活動していることが分かった。

 

廃炉に係る会計制度検証ワーキンググループ

(このリンクで開くページの一番下から二番目)

 

これこそ、ドンピシャだ。次回はこのワーキンググループの議事録等を読んで検討したい。

« 426.【QC02-14】会計面の比較~会計上の見積り(保守主義の原則)について | トップページ | 428.【番外編】原発廃炉の会計処理が“問題あり”だって?~その2~ちょっと横道 »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/60875663

この記事へのトラックバック一覧です: 427.【番外編】原発廃炉の会計処理が“問題あり”だって?:

« 426.【QC02-14】会計面の比較~会計上の見積り(保守主義の原則)について | トップページ | 428.【番外編】原発廃炉の会計処理が“問題あり”だって?~その2~ちょっと横道 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ