« 444. ASBJら、のれんの償却再導入に関するフィードバック・ステートメントを公表 | トップページ | 446.【事務連絡】ランキング公表の中止 »

2015年2月26日 (木曜日)

445.【リース'15/2】新基準、今年中にリリースの予定

2015/2/26

このところ、適切なタイミングを逸した延びたラーメンのような話題続きで申し訳ないが、今回は違う。昨日、eIFRSのアラート・メールで届いたばかりのホットな話題、“Definition of a Lease (February 2015)”だ(IASBのホームページのリース・プロジェクトのページに掲載されている18ページの小冊子)。

 

リースについては、IASBとFASBの共同プロジェクトとして新基準を開発中だが、すでに 2009 年にディスカッション・ペーパーが公表され、その後、公開草案も2回(20102013)公表されている。このブログで最後に扱ったのは 2014/5/6の記事“361.【リースED】基準改定の途中経過~20143月の暫定決定”で、2013公開草案に対して寄せられたコメントを受けて、公開草案の内容が大幅に変更されそうな状況を紹介した。

 

いよいよ、IASBとFASBは数か月のうちに審議を終わらせ、IASBは今年中に新基準をリリースしようとしている。この“Definition of a Lease (February 2015)”は、IASBのスタッフが新基準の核心となる「資産計上の対象となるリースとは何か」について、審議の様子を踏まえて、現段階の状況でまとめたものらしい。それをちょっと覗いてみようというのが、この趣旨だ。

 

但し、残念ながら、以下の制約があるので注意してほしい。

 

・この内容についてIASBは関知していない。あくまでスタッフが作成したものに過ぎない。

 

・英語なので、それでなくても僕の乏しい理解力が、さらに低下する。それをみなさんがご覧になる。

 

「それじゃ、読む意味ないじゃないか!」と、怒りのあまり、壁をドツキたくなるかもしれないが、心を大らかにして、ご容赦願いたい。

 

壁ドンは ダメよダメダメ ブログでしょ!! …“火に油”だろうか?

 

 

さて、とりあえず今回は全体像をざっと見ることにしたい。以下に、大見出しを紹介する。

 

What is a lease?(リースとは?)

 

- リースとは、賃料と引換えに、一定期間ある資産を使用する権利を顧客に与える契約。顧客はその特定の資産について、その期間独占的な使用権を持ち、用途を決定することができる。

 

Services are not brought on balance sheet(サービスは資産計上されない)

 

- サービスの会計処理は何も変わらないこと(他の基準で規定される)、及び、1つの契約にリースとサービスの両方を含む場合は、サービス部分は資産計上されないとしている(但し、サービスがスモールな場合は、すべてを一括で資産計上する方法も容認される。奨励はされてない)。

 

Redeliberations of the 2013 ED definition proposals2013ED 以降の再審議状況)

 

- 受取ったコメントの概略と、それらに対する対応の概略が記載されている。

 

Summary of decisions made about the definition of a lease during redeliberations(リースの定義に関する審議結果の要約)

 

- 仮決定された事項の要約がリストアップされている。2013ED からの簡単な変更理由も記載されている。

 

Examples(設例)

 

1 Retail rental contract(ショッピングセンターのテナント契約)

 

2 Airport concession(空港運営事業者とのテナント契約)

 

3 Truck rental contract(冷蔵トラックの賃借契約)

 

4 Oil tanker contract(タンカーの賃借契約)

 

5 Outsourcing agreement(製造委託契約)

 

6 Telecommunications contract(通信回線契約)

 

 

議論の焦点は、リースとサービスの区分に集中しているようだ。これは「資産か、費用か」という意味ではない。当然ながら、サービスでも前払で未経過のものや未払いで経過しているものは、資産や負債に計上される。それより「有形固定資産(に近い)かどうか」というイメージで眺めた方が良いと思う。

 

ざっと見ただけだが、いくつか突っ込むべき壁がありそうだ。特に細かいところに色々疑問が湧いてくる。しかし、これは要約なので、細かい部分に熱くならないで、全体のイメージを把握することが重要だろう。それに気を付けて、次回から各大見出しの個別の内容へ入りたい。

 

壁ドンは ダメよダメダメ 細かいでしょ!! …全然、面白くない。(T_T)

« 444. ASBJら、のれんの償却再導入に関するフィードバック・ステートメントを公表 | トップページ | 446.【事務連絡】ランキング公表の中止 »

IFRS個別基準」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/61195407

この記事へのトラックバック一覧です: 445.【リース'15/2】新基準、今年中にリリースの予定:

« 444. ASBJら、のれんの償却再導入に関するフィードバック・ステートメントを公表 | トップページ | 446.【事務連絡】ランキング公表の中止 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ