« 446.【事務連絡】ランキング公表の中止 | トップページ | 448.【リース'15/2】日本基準との相違 »

2015年3月 3日 (火曜日)

447.【リース'15/2】リースの定義

2015/3/3

春めいて、いよいよ、今週末からはJリーグも再開する。しかし、そんな時に、みなさんも既にご存じのとおり、中国人民銀行が利下げを発表した1。ん~、中国の経済状況は気になる。利下げに違和感があるわけではないが、大方のアナリストの予想よりタイミングが早いようだ。中国当局が、経済の不調をより深刻に感じている可能性がある。

 

そういえば、日本で爆買いする中国人観光客を評して、中国共産党の機関紙とされる「環球時報が、「国家が内需低迷に直面しているときに日本に買い物に押し寄せる中国人観光客が誇れるものではないことは明らかだ」と苦言を呈した」という報道があったから2、中国の経済状況に危機意識を持っている共産党幹部がいることは事実だし、そういう主張に共感する相当数の国民もいるのだ。やはり、経済危機の“X デー”は近いのだろうか。いや、まだだろう。というのは・・・

 

 

という雑念を振り払って、今回は、このシリーズの前回(4452/26)紹介した「Leases: Definition of a Lease」(IASBスタッフが作成した英文の小冊子)のリースの定義を見ていきたい。前回、自ら注意喚起したように、細かいことに拘らず、リースとサービスを区分するイメージをつかめるようにしていきたい。例によって、日本語訳はいい加減なのでご注意いただきたい。あくまで便宜のためのものであり、正確さの保証はできない。

 

(リースの定義)

 

The customer acquires the right to use an item for a period of time when entering into a lease.

(リース契約を締結すると、顧客は、ある一定期間、ある対象物の使用権を獲得する。)

 

定義の次の文章で、下記のことを言っている。

 

・リースは、顧客がその対象物の使用を管理する。

・サービスは、提供者がその対象物の使用を管理する。

 

(ガイダンス)

 

A lease is defined as a contract that conveys to the customer the right to use an asset for a period of time in exchange for consideration.

(リースは、賃料と引換えに、顧客に、ある資産を一定期間使用する権利をもたらす契約であると定義される。)

 

A lease exists when a customer controls the right to use an identified item, which is when the customer:

1 has exclusive use of the item for a period of time; and

2 can decide how to use it

(顧客がある特定対象物の使用権について、下記のように管理している場合に、(契約の中に)リースが存在する。

1.顧客が排他的な使用権を持っており、かつ、

2.顧客がその対象物を何に使うかを決められる。)

 

以上を僕流にいい加減にポイントを記載すると、次のようになる。

 

・リースは契約である(即ち、資産それ自体ではない。資産それ自体なら、有形固定資産など他の適当な勘定科目で処理される)。

 

・リースは顧客が、一定期間、特定の対象物の使用権を持ち、その対価を支払う。

 

・顧客が使用権を持つとは、

・顧客が独占的に使用できる。

・顧客が用途を決められる。

 

・これ以外の特定物の使用権に関連する契約(=顧客が使用権を持つ契約)は、サービスである。

 

 

というわけで、ある一定期間の特定対象物について、顧客が使用権を持つか、提供者が使用権を持つかが、リースかサービスかの判断の分かれ目のようだ。使用権というのは抽象概念なので、例えば“占有”のような目で見て容易に確認できるものではない。しかし、2つのポイント(独占的使用権と用途の裁量権)で見分けができるというのは、シンプルでいい。

 

しかし、ここまでは、2013年のリースED(=公開草案)を検討したとき3と内容が変わらないような気がする。2013EDも、ここまではシンプルだった。リースの定義は最も基本部分なので、さすがにここまでは変わることはないということか。この小冊子には、2013ED に対して受取ったコメントの概要や、それに対するIASBの対応等も記載されている。次回はそこを見て、本当に変更がないか確認してみよう。

 

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

1 〔焦点〕中国利下げ、製造業への懸念反映 全人代直前の発表にサプライズ REUTERS 3/2

 

2 日本のハイテク便座買うのは「中国人の恥」―共産党機関紙が批判 WSJ 2/27 の最終段落。

 

3 263.【リースED'13】規準改正の“肝”2013/7/4 からのシリーズ。このシリーズの全体像は、C09)リース をご覧になると良いと思う。

« 446.【事務連絡】ランキング公表の中止 | トップページ | 448.【リース'15/2】日本基準との相違 »

IFRS個別基準」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577176/61221624

この記事へのトラックバック一覧です: 447.【リース'15/2】リースの定義:

« 446.【事務連絡】ランキング公表の中止 | トップページ | 448.【リース'15/2】日本基準との相違 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ