2017年9月18日 (月曜日)

587【番外編】人が残酷になる条件、それを避ける条件

  2017/9/18 会計のブログにこのタイトルはおかしいだろう。みなさん、そう思われたと思う。今回は、番外中の番外、会計とは無縁の内容となる。何かというと、北朝鮮問題だ。もちろん、僕にこの問題を解決できる名案などあろうはずもない。ただ、北朝鮮に(金正恩以外の)多くの人々が生活していることを、時々、思い出した方が良いと思うのだ。長文になってしまったので、初秋の貴重な3連休を台風で台無し...

» 続きを読む

2017年7月31日 (月曜日)

586【番外編】リース契約の区分と分割-富士フイルム

    2017/7/22 富士ゼロックスのリース事業は、金融業か、サービス業か、それとも、物品販売業か。   一般にリース会社は“ノンバンク”などと呼ばれるので、金融業を営んでいるイメージがあるだろう。金融業の収益といえば、受取利息がイメージされる。   しかし、大きな駅の近くには“〇〇オートリース”などという看板があって、自動車のレンタルサービスをやって...

» 続きを読む

2017年7月19日 (水曜日)

585【番外編】重要性のない子会社に潜む悪魔-富士フイルム

2017/7/19 一昨日、日経電子版での『富士ゼロ会計不祥事、HDの責任追及「不十分」 』*1という記事を読んだ。「そうだそうだ」と思い、改めて、先月富士フイルムホールディングスに提出された第三者委員会報告書*2を読もうと思った。“改めて”というのは、一回挫折したのだ。この報告書、AAだのHHなど、短縮略号・記号が多すぎて、内容が頭に定着しない。僕の頭は、ワーキング・メモリーの容量が乏しいので、...

» 続きを読む

2017年6月28日 (水曜日)

584【番外編】「粉飾の傷口広げた“第三者”の助言」

2017/6/28 前回(5/16)、東芝のことを書いて自損事故を起こしたような気持ちになった(=自分で自分の気分を悪くした)僕は、もう2度と東芝に触れまいと思っていた。しかし、日経ビジネス(6/26号)の「粉飾の傷口広げた“第三者”の助言」という記事を読んで、また戻ってきてしまった。ありえない、と思いたい。   この記事は、4つのパートの2つ目、即ち、起承転結の“承”の部分に当たる。内...

» 続きを読む

2017年5月16日 (火曜日)

583【番外編】東芝の意見不表明レビュー報告書

2017/5/16 僕は、投資家としては、東芝に興味がない。しかし、意見不表明経験のある元監査人としては惹きつけられる部分もある。東芝の監査人はどんなレビュー報告書を書いたのだろう。   しかし、「粉飾発覚 → 監査人交代 → また粉飾発覚 → 意見不表明」 の流れからすると、レビュー報告書を読むことは、癌の告知を聞きに行くようなもの、いやいや、最近癌は治る病気になっているのでこの表現は...

» 続きを読む

2017年2月16日 (木曜日)

582【番外編】東芝ドタバタ劇場

2017/2/15 日米でドタバタが世間の注目を集めている。両者の共通点は、情報開示が規格外なことだが、相違点は動機だ。自国民のためにやっているトランプ大統領に対して、東芝は保身に手一杯で、周囲にまで思いが及んでいないようだ。     すでにみなさんもご存知の通り、東芝が決算発表を1ヶ月延期した。もし詳しい経緯が知りたい方は、例えば日経電子版の無料記事*1、シンプルに延期理由を...

» 続きを読む

2016年11月 3日 (木曜日)

581【番外編】Pokémon GO

2016/11/3 みなさんは、Pokémon GO を楽しんでおられるだろうか。このゲーム、なかなか奥の深いところがあって、考えさせられる。もしかしたら、我々人間社会の縮図かもしれない。   プレーヤーを青・赤・黄の3チームに分けてポケモンをバトルさせ、チーム間で“ジム”と呼ばれるバーチャルな施設を奪い合うのだが、どうも多くの地域で青チームが圧倒的に強いようだ*1。しかし、恐らく、かな...

» 続きを読む

2016年9月27日 (火曜日)

580【番外編】日銀はやった。政治と国民は?

2016/9/27 先週日銀が公表した歴史的な政策転換について考えてみた。もちろん、僕は金融の専門家ではないので詳しいことはわからないが、どうも日銀は、(広義の)ヘリコプター・マネーをやってしまったようだ。政府が増発した国債を、日銀が買い入れる仕組みができてしまった。もはや、国債市場は国家財政の健全性に警鐘を鳴らしたり、健全性維持をサポートする機能を果たせなくなった。そのことを、政治家や国民はよく...

» 続きを読む

2016年9月13日 (火曜日)

579【投資の減損 06】両者の主張〜コロンビア炭鉱事業(ドラモントJV)

2016/9/13 もし、北朝鮮が核兵器を実戦配備したら。考えるのも嫌だが、そうは言っていられない。現実は認めなければならない。議決権比率20%以上だが、実質的な拒否権を持つほどの影響力はない投資に持分法を適用している現状も同様だ。   「そんな投資はリスクが高いだけ。同じP/L起点の原価法の会計処理でドラマの共演はしたくない(=一般投資と同様に公正価値測定で良いではないか)」と主張して...

» 続きを読む

2016年9月 6日 (火曜日)

578【投資の減損 05】持分法〜“重要な影響力”の意図

2016/9/6 前々回(576-2016/8/16)は、持分法が P/L 起点の会計処理であり、連結財務諸表の中で連結グループのドラマに能動的な役割を果たす企業に適用されるものの、子会社のように各科目ごとに集計されるのではなく、持分法適用による投資損益を計上するためのたった2科目に要約されて連結 P/L に計上されることから、おそらく、重要性のない端役のような企業を想定してい...

» 続きを読む

2016年8月23日 (火曜日)

577【投資の減損 04】持分法〜関連 会社、その存在の危うさ

2016/8/23 リオ五輪では、日本は史上最高の41個ものメダルを獲得し、多くのドラマと感動を我々に提供してくれた。勝利に喜び駆け寄ったコーチを、受け止めると見せかけて投げ飛ばした女子レスリングの金メダリスト川井梨紗子選手、銀メダルをとりながら強い責任感から謝罪した「霊長類最強女子」の吉田沙保里選手など、もう数えたらきりがない。どれも強烈だ。   僕が思うに、すべてのドラマに共通してい...

» 続きを読む

2016年8月16日 (火曜日)

576【投資の減損 03】持分法〜ドラマの共有

2016/8/16 サッカー手倉森ジャパン、イチロー、体操、柔道、水泳、フェンシング、7人制ラグビーなどなど、そして天皇陛下のお気持ち表明。どれもドラマだなあと思う。DoCoMo のCMのキャッチ・コピー、“世界はひとりの複数形でできている”が頭に浮かんでくる。勝敗、ヒット数、メダルの色や数、ご公務への思いなどは、それぞれの人生の切り取られた一断面に過ぎない。しかし、それぞれの“ひとり”たちは、そ...

» 続きを読む

2016年8月 2日 (火曜日)

575【投資の減損 02】検討方針

2016/8/2 元横綱千代の富士の九重親方が、7/31に亡くなったという。僕は相撲にあまり興味はないが、一時だけ夢中になったことがある。千代の富士が“前廻しを取ってからの一気の寄り”のスタイルを確立し、大関・横綱へ昇進していった頃だ。大学受験を控えた高校時代と重なっていたせいか、“最短距離での勝利”を恰好良く感じた。ご冥福を祈りたい。     さて、前回(574-7/28)は...

» 続きを読む

2016年7月28日 (木曜日)

574【投資の減損 01】伊藤忠のグラウカス・レポート

2016/7/28 ポケモンGOも面白いが、これはもっと興味をそそる。元監査人の僕としては、“気の引き締まる思い”というか、スリルを感じる。グラウカス・リサーチ・グループ(=Glaucus Research Group California, LLC.)*1は、公表資料から企業の不正をあぶり出して、その企業の株を空売りするファンドだそうだ。株価が下落すると、このファンドは儲けが増える。  ...

» 続きを読む

2016年7月21日 (木曜日)

573【CF4-29】債務超過の優良企業〜ソフトバンクのARM社買収で考える

2016/7/21 東証1部売買高の1/4を任天堂が占めている。昨日は反落したものの、7月の株価は鰻登りだ。米国で1日に2000万人がプレイするなど、大ブームを引き起こしている例のポケモンGOの影響だ。もちろん、僕もこのポケモン祭りに参加したいのだが、残念ながら、任天堂株は高い。1単位(=100株)の購入でも、昨日の終値ベースで280万円ぐらい必要になる。何かを処分しなければならないが、一覧表を見...

» 続きを読む

2016年7月14日 (木曜日)

572【CF4-28】(ちょっと横道)ヘリコプター・マネー

2016/7/14 “ヘリコプター・ベン”の異名を持つベンジャミン・シャローム・ バーナンキ氏が来日し、安倍首相や黒田日銀総裁と会談したそうだ。ご存知の方が多いと思うが、同氏は前FRB議長(=米国中央銀行総裁)で、リーマンショック以降の金融政策を主導した。現在は、経済政策や金融政策をブログで論じているという。大恐慌や日本の平成不況の研究が有名で、デフレ経済から脱出する方法として、マネタリズムを主唱...

» 続きを読む

2016年7月12日 (火曜日)

571【CF4-27】“債務超過の優良企業”と概念フレームワーク

2016/7/12 参院選は与党の大勝利に終わったが、安倍内閣が経済改革に邁進されることを心から望みたい。間違っても、あの上から目線の憲法草案を持ち出さないでほしい。あれにふさわしい場所はシュレッダーの中にしかないと、僕は思っている。   しかし、世の中は、思いや予想を覆す出来事が多い。例えば、UEFA EURO 2016(通称“ユーロ”)の決勝だ。クリスチアーノ・ロナウド選手を前半早々...

» 続きを読む

2016年7月 8日 (金曜日)

570【CF4-26】債務超過の優良企業

  2016/7/8 面白い記事を読んだ。面白いだけじゃなく、会計の本質について考えさせられる機会となった。下記の記事だ。   一目均衡 債務超過でも自社株買い 証券部 土居倫之氏 7/5 日経電子版有料記事   “債務超過”といえば、この3月期のシャープのように東証一部を維持できなくなるとか、そうならないために粉飾する企業があるとか、或いは、継続企業の前提に重要な疑...

» 続きを読む

2016年6月30日 (木曜日)

569【金融商品/番外編】英国EU離脱と欧州不良債権問題

2016/6/30 以前、「欧州には不良債権問題がある」と書いた*1。当時、欧州版の自己査定が始まるので、不良債権額が意外に膨らむかもしれない。新たな危機が生じないだろうか、と危惧したわけだが、大きく市場を揺るがすようなことはなかった。でも、くすぶっている。ん〜、熟成してきたというべきか。実は、蔵出しのタイミングも決まっている。2018年だ。まだ先だが、東京オリンピックよりは近い。   ...

» 続きを読む

2016年6月28日 (火曜日)

568【番外編】英国EU離脱とアベノミクス第4の矢

  2016/6/28 実は、このブログも今週で6年目に突入した。その記念すべき最初の記事にふさわしくないのだが、今回は、全くのおふざけ記事になる。申し訳ない。   というのは、みなさんが、もう耳にタコができて、飽き飽きしている思われているであろう“英国のEU離脱問題”について書きたいのだ。おふざけでなければ、読んでもらえないだろう。僕の推理は、「これはアベノミクスならぬ、EU...

» 続きを読む

2016年6月22日 (水曜日)

567【番外編】英国の大脳皮質

2016/6/22 Jリーグ第1ステージがいよいよ大詰めだ。先週末は、浦和レッズが優勝戦線に残れるかどうかを賭けて、因縁のサンフレッチェ広島と戦った。この好カードを、珍しく録画ではなくテレビ放送を直接見ようと思った僕は、ゲーム開始前の暇つぶしに他のチャンネルを窺っていた。すると、AKB総選挙が行われていた。   「16位、にゃんにゃん仮面」   ん!? 詳しくはないものの、AK...

» 続きを読む

2016年6月10日 (金曜日)

566【番外編】企業と株主の建設的な対話〜3つの企業価値

2016/6/10 今回は「564【番外編】企業と株主の建設的な対話〜答申」の続編だ。ところで、“建設的な対話”って、なんだろう。   首脳会談などのインタビューで「建設的な対話だった」と首脳が答える場合は、議論が決着せず物別れに終わった時だ。でも、「お互いが納得・共有できる結論に向かっている」という雰囲気を醸し出そうとする印象・意図を感じることができる。おそらく、“建設的な対話”とは、...

» 続きを読む

2016年5月31日 (火曜日)

565【番外編】消費税増税の延期の仕方

2016/5/31 伊勢志摩サミット終了後の世論調査は、安倍内閣の支持率が上昇したという*1。オバマ米大統領の広島での格調高い演説が功を奏したか、或いは、G7各国首脳をリードした安倍首相の指導力が評価されたか。確かに、今までの首相とは違う存在感があったと思う。ん〜、確かに、明確な違いがあった。   しかし、すでに数多く指摘されている通り、現在の世界経済情勢を「リーマン危機」に関連づけよう...

» 続きを読む

2016年5月24日 (火曜日)

564【番外編】企業と株主の建設的な対話〜答申

  2016/5/24 このところ多くの地域で真夏日が続いているが、みなさんは変わらずお過ごしだろうか。このブログは、最近、記事と記事の間が長く空き、ツツジの花も散るなど、季節も変わってたりする。大変申し訳ない。   さて、この間、僕の関心を惹いたのは、4/18の下記の答申だった。    ★金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」   ...

» 続きを読む

2016年5月12日 (木曜日)

563【投資】ソフトバンク、また、単体の減損を連結へ反映せず?

2016/5/12 レスターのプレミア・リーグ優勝を心から祝福したい。岡崎慎司選手は、成し遂げた偉業を信じられないほど喜んでいるが、一方で、ジェイミー・ヴァーディ選手やリアド・マレズ選手のようなチーム・メイトが活躍し成長する脇で、自分が5得点に終わった(5/8、第37節終了時点)ことを悔しがっている。おそらく、喜びが大きい分、悔しさも深いのではないだろうか。だが、これが彼の来季の活躍につながる。み...

» 続きを読む

2016年5月 3日 (火曜日)

562【投資】日銀、シュート・チャンスを逃す!

  2016/5/3 今日は憲法記念日。改憲の要否とか、改憲するならその内容などを議論するには丁度良い日だ。しかし、僕の頭の中には、4/28の日銀金融政策決定会合で、報じられていた追加緩和策が決定されなかったことでいっぱいだ。議論もしてないという。一体、なぜ?   もちろん、黒田東彦総裁の会見の記事は読んだし、テレビのニュースも見た。識者の解説も読み聞きした。それでも、納得がい...

» 続きを読む

2016年4月25日 (月曜日)

561【投資】急激な円安、日銀の観測気球?

2016/4/25 先週金曜日(4/22)昼過ぎ、急激に円安が進んだ。その後も一段と進み、ニューヨークのドル円の終値は111.78円で、1日でなんと2円32銭(WSJのトップ・ページによる)も変化した。きっかけは、Bloombergの「金融機関に対する貸し出しに対してもマイナス金利の適用を検討する案が浮上している」という記事だったという*1。今週は、27-28日に日銀の金融政策決定会合が開催される...

» 続きを読む

2016年4月19日 (火曜日)

560【CF4-25】会計情報の有用性〜使用価値と公正価値→純利益とその他の包括利益

2016/4/19 なんと1か月ぶりの本題復帰、このシリーズの前回は3/15の「555【CF4-24】会計情報の信頼性〜使用価値」だ。みなさんもお忘れのことと思うが、僕も、何を書いたか復習が必要だ。そこで、ちょっと書き加える分も含めて、ポイントを箇条書きにしてみたい。   IFRSの測定基礎の主なものは“使用価値”と“公正価値”   概念フレームワークの公開草案では、測定基礎は...

» 続きを読む

2016年4月12日 (火曜日)

559【番外編】セブンイレブンのコーポレート・ガバナンスとアベノミクス

2016/4/12 アベノミクスも、最初の黒田バズーカから3年が経ち、曲がり角を迎えている。金融政策と財政政策で時間稼ぎをし、その間に成長戦略を進めてデフレを脱却しようとしたアベノノミクスは、果たして成果を上げられただろうか。先週大きく報道されたセブンイレブン社長人事の件は、日本が抱えている問題の本質と、その改善が遅々としている現状を象徴しているような気がする。     セブン...

» 続きを読む

2016年4月 5日 (火曜日)

558【番外編】決算対策

2016/4/5 会計は、企業の財政状態や経営成績の実態を、投資家・株主等の利害関係者に報告するためのツールだ。それが株式市場、延いては国民経済の健全な発展の礎となる。この重要なツールが有用であるためには、何が何でも“実態”が報告されなければならない。そのために、会計基準や内部統制基準、それらを支える関連法制度があり、外部監査も行われる。   とはいえ、みなさんもご存知の通り、しばしば粉...

» 続きを読む

2016年3月29日 (火曜日)

557【番外編】日本死ねブログと使用価値

2016/3/29 最近ずっと気になっているブログがある。みなさんもとっくにご存知と思うが、次のブログだ。   保育園落ちた日本死ね!!! 2/15 はてな匿名ダイアリー   テレビ番組で2度ほど(確か、「そこまで言って委員会NP」と「激論!クロスファイア」だったと思う)、全文の朗読を聞いたが、実際にブログを読んでみるとさらにインパクトが強い。しかも、何度読み返しても...

» 続きを読む

2016年3月16日 (水曜日)

556【番外編】3/15公表の東芝報告書と文藝春秋の記事をざっと読んでみた。

2016/3/16 表題の件、読んだのは、具体的に以下の2つだ。   「改善計画・状況報告書」の公表について(東芝HPのIRニュース)   東芝「不正謀議メール」を公開する*1  ジャーナリスト川端寛氏 (文藝春秋2016/4月号 P184〜)   上は、昨年の第三者委員会報告書*2を受けた東芝の対応状況と、東芝が改めて策定し直した再発防止策が記載されている...

» 続きを読む

2016年3月15日 (火曜日)

555【CF4-24】会計情報の信頼性〜使用価値

  2016/3/15 GoogleのAI(=人工知能)“AlphaGo”は、4局目にして韓国の世界最強プロ棋士李セドル九段に敗れたそうだ。   プロ囲碁棋士、4局目にしてグーグルAIに初勝利! GIZMODE 3/14   李棋士は“一矢を報いた”というより、3連敗から学んで“AIとの戦い方を覚えた”のではないだろうか。AIは、きっと事前に李棋士の棋譜を勉...

» 続きを読む

2016年3月11日 (金曜日)

554【CF4-23】AIに会計上の見積りができるか?〜結論;英雄は色を好むが、AIに色はない。

  2016/3/11 この“AIシリーズ”は、549-2/9 の記事の次のような書き出しで始まった。   会計上の見積りは、IASBにとっては会計情報の価値を高める極めて重要なツールである一方で、その信頼性や手間(=コスト)の多さが批判の的になっている。僕は、このテーマを考えるために、勝手に次のような問題設定をしたが、この設定にみなさんはご納得いただけるだろうか? ...

» 続きを読む

2016年3月 4日 (金曜日)

553【番外編】米国のiPhoneロック解除問題と、日本のJR認知症事故問題

  2016/3/4 ブログを更新するのは、半月ぶりになる。そんなに空けるつもりはなかったのだが、あっという間に過ぎてしまった。もし、このブログを楽しみにしていらっしゃる方がいたら、半月も音沙汰なくて、大変に申し訳ない。しかし、今後も時々こういうことはあるかもしれない。ご容赦願いたい。     さて、皆さんもご存知のとおり、米国ではFBI(=米連邦捜査局)とApple...

» 続きを読む

2016年2月16日 (火曜日)

552【CF4-22】AIに会計上の見積りができるか?〜使用価値〜減損テスト

2016/2/16 日経平均株価は、15日、1,000円・7%を超える上昇を記録し、16,000円台に戻した。551-2/14の記事に記載したドイツ銀行の破綻懸念の後退や、米国の小売売上高指標の堅調さが、投資家の気分を落ち着かせたらしい。 (551-2/14の記事に記載したように)ドイツ銀行の件は誤解に端を発したものだし、米国の小売売上高については、前月に伸び率がマイナスに転じて心配され...

» 続きを読む

2016年2月14日 (日曜日)

551【投資】ドイツ銀行が破綻懸念?

  2016/2/14 北朝鮮のロケットは軌道に乗ったのに、黒田バズーカ第3弾は外れてしまったようだ。呆れた話だが、その一因は欧州銀行株の暴落にある。その引き金を引いたのがドイツ銀行だ。すでにみなさんもご存知と思うが、何やらよく分からない債券に問題があったらしい。今回はそれに注目してみようと思う。   まず、REUTERSの記事を紹介する。   コラム:問題児に転落し...

» 続きを読む

2016年2月12日 (金曜日)

550【CF4-21】AIに会計上の見積りができるか?〜使用価値〜レスター岡崎選手の価値は?

2016/2/12 イングランドのプレミア・リーグでは、岡崎慎司選手が所属するレスター・シティFCが、マンチェスター勢やロンドン勢のビッグ・クラブを抑えて首位を快走している。NHK BS1で直近の試合(現地2/6、第25節マンチェスター・シティ戦。3-1でレスター勝利)を見たが、レスターのクラウディオ・ラニエリ監督の“岡崎愛”が凄かった。ラニエリ監督は、後半36分に岡崎選手を交代させたが、熱烈なハ...

» 続きを読む

2016年2月 9日 (火曜日)

549【CF4-20】AIに会計上の見積りができるか?〜公正価値

2016/2/9 会計上の見積りは、IASBにとっては会計情報の価値を高める極めて重要なツールである一方で、その信頼性や手間(=コスト)の多さが批判の的になっている。僕は、このテーマを考えるために、勝手に次のような問題設定をしたが、この設定にみなさんはご納得いただけるだろうか?   A. 本当に会計情報の価値は高まるか? B. 会計情報に求められる信頼性とは何か? C. そのうち会計業務...

» 続きを読む

2016年2月 4日 (木曜日)

548【CF4-19】“会計上の見積り”は行き止まりか、乗り越えるべき壁か

2016/2/4 このシリーズの前回(547-2/2)、前々回(545-1/27)と、概念フレームワーク ED における、資産等の定義や認識・測定規準の変更箇所を見てきたが、僕の勝手な感想では、IASBに次のような意思・目標があるように見えた。   IASBは、財務情報が会計上の見積りに依存することを、より一層、正当化させたいと思っている。   それは財務情報の価値(...

» 続きを読む

2016年2月 2日 (火曜日)

547【CF4-18】資産等の定義・認識規準・測定規準と会計上の見積り

2016/2/2 U23日本代表がアジア・チャンピオンになった。韓国との決勝戦は、このドーハでの戦いを象徴する厳しい内容で、かつ、劇的だった。反撃開始の1点目と決勝点の3点目のゴールを挙げた浅野拓磨選手、50代のおっさんの僕もテレビの前でジャガー・ポーズさせてもらいましたよ。ありがとう!     さて、このシリーズの前回(545-1/27)では、今回の準備として、有用な財務情報...

» 続きを読む

2016年1月29日 (金曜日)

546【番外編】財政再建は、消費税より政治献金

  2016/1/29 昨日、甘利明経済財政・再生相が、不正な金銭授受を認めて辞任した。甘利氏といえば、TPP交渉でも活躍が伝えられていただけに残念だ。ところが、Wikipedia の甘利氏の記載を見ると、すでに金銭に絡むいくつもの問題を起こしていたようだ。要するに、今回が“うっかりの初犯”ではない。全く残念だが、これが普通の政治家の感覚・姿勢なのだろうか。だとすれば日本の政治...

» 続きを読む

2016年1月27日 (水曜日)

545【CF4-17】資産等の定義の前に、基本的な質的特性

2016/1/27 U23サッカー日本代表は、悲劇の地ドーハでアディショナル・タイムに決勝ゴールを決めイラクを破り、オリンピック出場を決めた。よかった! 劇的。でも、ハラハラさせすぎですよ、手倉森監督。     さて、ここまで、概念フレームワークの公開草案(=ED)についてつまみ食いしてきた。そして、概ね、「521【CF4-03】公開草案の質問項目の概要ー2015/10/20」...

» 続きを読む

2016年1月22日 (金曜日)

544【CF4-16】純利益を勝手に定義

2016/1/22 リオ五輪最終予選に出場しているサッカー日本代表チームは、日本時間で20日へ日付が変わった頃、2-1でサウジを破り、3連勝でグループ・リーグを終えた。次の試合は、今日深夜キック・オフの決勝トーナメント準々決勝イラン戦となる。   サウジ戦で手倉森誠監督は、またも大幅に先発メンバーを入れ替えてきた。これで代表メンバー23人全員が出場したことになるらしい。首尾よくオリンピッ...

» 続きを読む

2016年1月19日 (火曜日)

543【CF4-15】“純利益とOCIの区分”を先送り。で、いつまで?

2016/1/19 リオ五輪のサッカー・アジア最終予選(=ドーハ・ラウンド)で、日本は2連勝でグループ・リーグ突破を決めた。手倉森誠監督は、第1戦の北朝鮮戦と第2戦のタイ戦で先発メンバーを大きく入れ替えたが、入れ替えられた選手がそれぞれ活躍したので、レビューラー争いは熾烈を極めていると思われる。要するに、代表チーム23名のそれぞれが優劣つけがたく、先発組とベンチ組に容易に分けられない。我々にとって...

» 続きを読む

2016年1月14日 (木曜日)

542【CF4-14】重要性とコスト制約の記述に見える概念フレームワークの役割

  2016/1/14 ようやく冬らしい寒さになってきた。おかげで、539-1/5の記事に記載したタンポポや菜の花は枯れてしまった。残念なことだ。僕としては、寒いのは嫌いだが、地球温暖化を考えればそうも言ってられない。むしろ、寒いことを喜ばなくてはならない。   さて、以上の文章には次の判断が働いている。   僕の個人的な寒さを嫌う感情より、人類の将来が脅かされる温暖...

» 続きを読む

2016年1月12日 (火曜日)

541【投資】撤収〜っ! か?

2016/1/12 新年の株式相場は、みなさんもご存知の通り、最悪のスタートとなった。頼みの綱だった金曜日の米国雇用統計は絶好調だったのに、その日の米国株式は大幅に下落し、円高も進んだ。今やマーケットは完全にリスクオフに支配されている。   上海株式マーケットのサーキットブレーカー発動と人民元相場に見える資金逃避の動き、サウジアラビアのイランとの断交に現れている中東情勢の混迷、北朝鮮の水...

» 続きを読む

2016年1月 7日 (木曜日)

540【CF4-13】改めて、リスクと不確実性〜不確実性があっても見積りを利用

2016/1/7 昨日午前、北朝鮮で地震があった。なんと、水爆実験が成功したらしい。ようやく、中韓と日本の政治的な緊張が一部解け始めているが、「一難が去らないうちに、また一難」だ。北朝鮮は、まるで、耐性菌の狂犬病にかかった犬のよう。やたら吠えるし、嚙み付かれれば取り返しがつかないことになる。果たして、被害者を出さずに治療できるだろうか。   ここで、みなさんに伺いたい。   北...

» 続きを読む

2016年1月 5日 (火曜日)

539【番外編】新聞報道

2016/1/5 新年早々、中東はキナ臭い。今度は、サウジアラビアがイランと断交した。しかし、日本は暖かで穏やかな正月を迎えた。昨日は散歩中に、菜の花とタンポポが咲いているのを見つけた。まるで3月下旬か4月上旬の景色だ。ん〜、しかし、これはこれで問題かもしれない。もし今が4月なら、半年後の夏場は何月の陽気になるのか? 少なくとも涼しい10月ではあるまい。   ということで、ここから、あた...

» 続きを読む

2015年12月28日 (月曜日)

538【番外編】来年への期待〜移民戦略

2015/12/28 今年もテレビや新聞などの各メディアで10大ニュースといった特集が組まれる季節になった。それらを見ると、やはり、日本人も犠牲になったISなどのテロ組織の影響が大きい。パリのような具体的なテロ事件のほか、派生するテロ行為、それらによって内向きになる各国の世論や政治勢力、欧州の難民問題など。ウクライナ問題やギリシャ危機でさえ、すっかり影が薄くなっている。   アジアや日本...

» 続きを読む

2015年12月24日 (木曜日)

537【CF4-12】不確実性の引越し〜財務報告の価値

2015/12/24 先週金曜の日銀の“追加緩和の補完措置”で、円や日本株の相場は、すっかり冷えてしまった。ありがとう、日銀。おかげで僕の気分は、実際のお天気がどうであれ、吹雪のホワイト・クリスマスだ*1。   さて、そんなことはどうでも良い。このところ番外編が続いたが、今回は本題に戻って概念フレームワークの公開草案(=ED)の検討に戻りたい。   前回(535-12/10)は...

» 続きを読む

2015年12月22日 (火曜日)

536【番外編】サンフレッチェ広島、世界第3位

2015/12/22 12/20(日)にクラブW杯の3位決定戦と決勝が、横浜国際競技場(=日産スタジアム)で開催され、僕も見に行った。決勝ではMSN(=メッシ・スアレス・ネイマール)が大活躍してバルセロナが優勝を決めたが、僕にはサンフレッチェ広島の第3位の方が強く印象に残った。   このブログでは、以前も横浜国際競技場での観戦について記載したことがある。覚えておられる方もいらっしゃると思...

» 続きを読む

2015年12月17日 (木曜日)

535【番外編】監査業界は厳冬

2015/12/17 一体、いつ、冬が来るのか? そんな暖かい陽気が続いているが、この記事が公開される17日は、東京でも最高気温が12℃とかなり寒い予想となっている。ようやく冬らしくなるだろう。しかし、それより一足早く、しかも、吹きすさぶ寒風にさらされている業界がある。監査業界だ。   15日、公認会計士・監査審査会(=CPAAOB)は、新日本監査法人に対する検査結果を公表した*1。内容...

» 続きを読む

2015年12月15日 (火曜日)

534【投資】X'masは楽しいかも?

  2014/12/15 僕には、原油が冷たい炎を上げて燃えているように思える。原油相場の下落で、株式相場がすっかり冷めてしまった。厄介なことになった。   みなさんもご存知の通り、株式相場は大荒れとなっている。昨日の日経平均終値は、あっさり19,000円を割って18,883円となった。前回の記事(530-12/1)では、毎月恒例の米国雇用統計も期待外れはなさそうだったし、EC...

» 続きを読む

2015年12月10日 (木曜日)

533【CF4-11】不確実性の引越し

2015/12/10 人生において、“不確実性”は非常に重要だ。もし、予めすべてが決まっていたら、人生は味気ない、色褪せたものになってしまうだろう。前回(532-12/8)記載したゴルフも同じだ。もちろん、限度はあるが、“不確実性”があるから人生は面白い。しかし、会計は違った。会計は結果報告という目的・性質があることから、従来(=会計ビックバン以前)は、“確実なもの”を処理対象にすることで、“確実...

» 続きを読む

2015年12月 8日 (火曜日)

532【CF4-10】リスクと不確実性

2015/12/8 先日、久しぶりに誘われてゴルフをした。   朝、フロントで名前と住所をカードに書き込むと、「2002年以来ですね」と言われた。「へぇ〜、ちゃんと記録が残ってるんだ!」と感動しながら、フロントの美しい女性の営業スマイルを見ているうちに、記憶が蘇ってきた。   ・・・このゴルフ場に良い思い出はなかった。だから足が遠のいていたのだ。   重機を使わず手作...

» 続きを読む

2015年12月 4日 (金曜日)

531【CF4-09】財務情報の質的特性ー慎重性の復活

2015/12/4 スランプと言い訳して、問題を先送りするにも限度がある。ということで、兎に角、淡々とこのテーマで書いてみようと思う。では、早速…。   IASBは、このED(=公開草案)によって慎重性(≒保守主義)を復活させようと提案している。結論の根拠には、主として次の内容が記載されている。   2010年に概念フレームワークから慎重性を削除したことで誤解を広めてしまった。...

» 続きを読む

2015年12月 1日 (火曜日)

530【投資】X'masは寒いかも

2015/12/1 今年も、早くも、師走となった。しかし、昼間はコートなしで外出できる陽気だ。昨日からCOP21が開催されているパリでも、平年より暖からしい。だが、一昔前と様変わりして、今は、冬が暖かくてもお祝い事にならない。将来の気候変動が頭をよぎるからだ。   株価も一時の中国ショックの冷え込みから脱し、今や日経平均株価(=N225)は、2万円を回復しようとしている。このまま暖かい状...

» 続きを読む

2015年11月25日 (水曜日)

529【番外編】13日の金曜日のこと

2015/11/25 このブログは、時々、1週間以上も更新が止まることがある。今回も、前回の記事が11/10なので、2週間も更新が止まっていた。楽しみにしていただいている方々には大変申し訳ない。用事が詰まって書けないこともあるが、単なるスランプのこともある。さて、今回は・・・     今月13日(金曜日)、パリで同時多発テロ事件が発生した。悲惨な事件だ。これについて「ISがキリ...

» 続きを読む

2015年11月10日 (火曜日)

528【CF4-08】“親会社説”と“経済的単一説”

  2015/11/10 2つの対立する意見がある時、それを解決するには、次のパターンが考えられる。   A. どちらかの意見を採用する。 B. 両方の折衷案・妥協案を採用する。 C. もっと基本的なところへ視点を移す(その基本的な問題を解決する過程で解決する)。   IASBは、今回のEDで報告企業に関する章の追加を提案している。そのうち、“報告企業の境界”に関連し...

» 続きを読む

2015年11月 9日 (月曜日)

527【CF4-07】報告企業の境界

2015/11/9 秋らしくなると早いもので、先月下旬ぐらいから、日なたにいても薄着では寒くなった。季節はもう晩秋へ向かおうとしている。今年の秋はいつに増してもの悲しく感じられるので、なぜだろうと考えていたら、清水エスパルスのJ1降格へ行き当たった。やはり、ショックは大きいのだ。   J1でいるためには、リーグ戦で18チーム中15位以上の成績を維持しなければならない。このJ1の境界を決め...

» 続きを読む

2015年11月 3日 (火曜日)

526【番外編】文化とのれん

2015/11/3 今日は“文化の日”。Hatena Keyword の一部を引用すると次のようなものだそうだ。   「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として定められた。   なんか違和感。(⌒-⌒; ) 借り物だな、これ。と思ったら、続いて次のように記載されている。   1946年11月3日に平和と文化を尊重する「日本国憲法」が公布されたことに由来する...

» 続きを読む

2015年11月 2日 (月曜日)

525【投資】台風一過、晴れはいつまで?

2015/11/2 投資をやられている方は、先月末の日経平均株価が19,000円台を回復して、ホッとされていると思う。僕も、短期目的の投資銘柄を中心に、一時は大変な含み損を抱えたが、ひたすら売らずに耐えた。その結果、まだ含み損の解消には至ってないが、一方、台風の最中に購入したものもあり、今は「いつ損切りするか」ではなく、「いつ利益確定するか」を考えることもある。   その際、最も注目して...

» 続きを読む

2015年10月30日 (金曜日)

524【CF4-06】測定基礎の選択(歴史的原価 vs. 現在価額)

  2015/10/3 先日、母の一周忌で兄弟が3人揃った(僕は男3人兄弟の次男)。四九日以来だ。父は上機嫌だったが、その理由は息子たちと久しぶりの話ができるからではない。恐らく、息子たちがまだ幼かった頃の記憶をたどって、それとのギャップを楽しんでいたのだと思う。「あの子供らが成長してもうおじさんになってる」と。   しかし、息子たちの将来について想いを馳せることは、あまりない...

» 続きを読む

2015年10月27日 (火曜日)

523【CF4-05】受託責任〜記述強化の影響

2015/10/27 前回(522ー10/23)は、ED(=公開草案)の“一般財務報告の目的”の記述で受託責任に関する記述が強化されたこと、及び、その結果『「IFRSは短期投資家のための会計だ」という批判をかわす狙いがあるかもしれない』と結んだ。しかし、「だから何?」とか「それは何?」と思われた方がいらしたかもしれない。「まず、“短期投資家のための会計”の意味が分からない」と。   一方...

» 続きを読む

2015年10月23日 (金曜日)

522【CF4-04】受託責任〜一般財務報告の目的と利用者のミスマッチ

2015/10/23 みなさんは、“大学文系不要論”というのをご存知だろうか。恐らく、「もちろんだよ」という方がほとんどだと思うが、僕はなんとなく耳にしていたものの、ちゃんと向き合ったのは、下記の記事が初めてだった。   「大学文系不要論」炎上に見る文科省の悪しきビジネスモラル DIAMOND online 10/20   6月に発せられた文部科学省の通知に端を発した...

» 続きを読む

2015年10月20日 (火曜日)

521【CF4-03】公開草案の質問項目の概要

    2015/10/20 ついにその日が来た。なにが? 清水エスパルスJ2降格、悲劇の日だ。   驚きはない。すでにキャンプ終了時の選手たちのTVインタビューを聞いて、「キャンプは失敗したか?」と疑念を抱いていたので、春先から心の準備はできている。リーグ初戦の鹿島戦の勝利以外は、この疑念を確信に変えるプロセスでしかなかった。   僕の考えでは、一番大きな...

» 続きを読む

2015年10月16日 (金曜日)

520.【CF4−02】気になる背景

2015/10/16 秋分の日から、もう、3週間が経った。日が落ちるのが早いせいか、妙に感傷的な気分になる。   先日、僕の馴染みのファミレス(そこで、このブログをよく書いている)で、可愛らしいお嬢さんからご挨拶をいただいた。「実は、今日が最後なんです。このバイトをやめます。」と、伏し目がちに。彼女は薬学部の学生で、来春、薬剤師試験を受験する。試験勉強に集中するのだ。「最後にお話ができて...

» 続きを読む

2015年10月13日 (火曜日)

519.【CF4−01】概念フレームワーク公開草案(2015/05公表)のシリーズをスタート

  2015/10/13 最近、良いニュースが続いている。ノーベル賞は、生理学・医学賞の大村智氏に続き、梶田隆章氏の物理学賞の受賞が公表された。サッカー日本代表はシリア戦に勝利し、W杯二次予選E組首位となった。ラグビーW杯は、決勝リーグ進出は叶わなかったが、南アフリカに勝利するという大金星・快挙は素晴らしかったし、サモアやアメリカにも勝って3勝を上げた。   逆に怖い。何か悪い...

» 続きを読む

2015年10月 9日 (金曜日)

518【税効果17】まとめ〜日本基準のゆくえ

2015/10/9 先日、渋谷から皇居手前の最高裁判所まで、青山通りを一気に歩く機会があった。お天気は申し分なく、ちょっと早足だったが、熱を持った体に当たる風は涼しかった。田舎にはない景色の連続なので、退屈もしなかった。道は、途中、赤坂見附で少しうねった以外、ほとんど真っ直ぐだった。   妙な考えが頭に浮かんだ。「青山通りって、税効果会計の日本基準みたいだなあ。」   若者文化...

» 続きを読む

2015年10月 6日 (火曜日)

517【税効果16】US-GAAP)スケジューリング②&日本の税法の課題

  2015/10/6 昨日、ちょうどパソコンの前にいるときに、ニュース速報が通知された。また日本人がノーベル賞を取ったという(生理学・医学賞)。凄い。快挙だ。大村智という方だが、僕は知らない方だったので、急いでWikipediaを見た。するとなんと、“主な受賞歴”のところに、「2015年 - ノーベル生理学・医学賞」と記載されている。早い。驚いた。   このブログの歩みは遅々...

» 続きを読む

2015年10月 3日 (土曜日)

516【番外編】国連のグローバル目標(SDGs)

2015/10/3 9/25に国連サミットで、国連の新しい開発目標「SDGs(エスディージース)=持続可能な開発目標」が採択された*1。「誰も置き去りにしない」がキャッチ・フレーズで、格差・貧困・性差別などの撲滅・解消から教育・司法の改善、果ては資源開発や地球温暖化対策に至るまでの17分野にも及ぶ壮大な目標、新たな“夢”。   「実現しないから夢」と、夢ばかり追う人を咎める言葉もあるが、...

» 続きを読む

2015年9月29日 (火曜日)

515【税効果15】US-GAAP)スケジューリングの要否①

2015/9/29 今年のJリーグ、みなさんの贔屓のチームは好調だろうか。ご存知の通り、僕の贔屓の清水エスパルスは絶不調であり、J2降格の危機に陥っている。年間順位は最下位で、J1残留圏の15位アルビレックス新潟との勝ち点の差は8、これを残り5試合でひっくり返えす必要がある。   一方、年間順位7位の横浜F・マリノスの年間の勝ち点は40で、降格圏トップ16位の松本山雅FCが全勝してようや...

» 続きを読む

2015年9月25日 (金曜日)

514【税効果14】US-GAAPの適用ガイドと設例の前提〜繰越欠損金等の期限

  2015/9/25 ブレイブ・ブロッサムズのスコットランド戦は、勝利できずに残念だった。でも、サモア戦、アメリカ戦を2連勝すれば、目標とする史上初の決勝トーナメント進出の可能性が残っている(他力も必要)。   さて、僕のトライもなかなかの試練を迎えている。ブレイブ・ブロッサムズが直面しているような難関ではない。“想定通り”の試練だ。単純に、英語が難しい。僕としては、シルバー...

» 続きを読む

2015年9月22日 (火曜日)

513【税効果13】US-GAAPの税金資産の回収可能性〜概略

2015/9/22 みなさんも、多くの方が感動されたと思う。ラグビーW杯(イングランド大会)の日本代表の初戦、南アフリカ戦のことだ。久しぶりにラグビーの試合をじっくり見たが、ブレも迷いもない強気で冷静な試合運び、体格で負けても気合で止める伝統の魂のタックル、ほとんどミスのないボール回しや密集でのプレー、五郎丸歩選手の精度の高いキック、どれもが素晴らしかった。   前半は日本がリードし、南...

» 続きを読む

2015年9月19日 (土曜日)

512【投資】子供騙しの慰め

    2015/9/19 いよいよ、シルバー・ウィークの始まりだ。8月決算会社の経理部や監査人などの一部の人々を除き、一般的には5連休に心踊らせている方々多いだろう。僕はというと、机の角に足の小指をぶつけたときのような気分で、踊るどころではない。ただ、この感情は怒りより、嘆きの方に近い。   今週も、日経平均株価は週間で下落した。神頼みしていた黒田バズーカーも、米F...

» 続きを読む

2015年9月17日 (木曜日)

511【税効果12】IAS12の改定?

2015/9/17 安保法案は参議院を通過するらしい。判断を政府任せにせず、より広範に国会が審査することを主張した3野党の考え方には興味を覚えるが、法案修正には至らなかったという*1。う〜ん、それで良いのだろうか。せめて、次の国会での法制化を与党に約束させるべきではなかったか。   それに、国会をそこまで信用して良いだろうか。   米国議会は米国政府が合意した国際条約などを、重...

» 続きを読む

2015年9月15日 (火曜日)

510【税効果11】その他の相違点

2015/9/15 茨城、栃木、宮城の各県で、河川の氾濫による洪水。阿蘇山は噴火。ん〜、地球め、小さいぞぉ。もっと大らかにお願いしますよ。といっても、自然が厳しいのは遠い昔からの常識。人類は尊い犠牲を払いながら、逞しく生きてきた。人類が小さな存在だからといって、舐めてもらっては困る。   ということで、今回も小さなことを一生懸命検討していきたい。このシリーズの前々回(508-9/8)に3...

» 続きを読む

2015年9月11日 (金曜日)

509【税効果10】会社分類による相違

  2015/9/11 昨日は、久しぶりに夏の暑さが戻ってきた。予報では今日も暑そうだ。このところ涼しくて油断していたが、「いつでも暑くできるぞ」と意地悪く地球に脅されているようだ。地球温暖化と異常気象、うなぎや太平洋クロマグロの絶滅危惧種指定、さんまの漁獲高減少による高騰など、最近、「地球って小さいなあ」と思わされることが多いが、この暑さのぶり返しには、(地球は)性格も小さいんじゃない...

» 続きを読む

2015年9月 8日 (火曜日)

508【税効果09】IAS12に会社分類と見積り年数の記載なし〜日本基準の公開草案との比較

  2015/9/8 「会計方針か、見積りか」の議論を終えて、改めて、このブログらしいIFRS視点のテーマへ移ろう。それは、IAS12に会社分類や見積り年数の制限の記載がないことだ。果たして、この公開草案は、IAS12とどのような相違するのかについて検討していきたい。   まず、IAS12がどのように回収可能性を見積もるよう規定しているかについて、振り返ってみよう。これに関連す...

» 続きを読む

2015年9月 6日 (日曜日)

507【投資】今週の日経平均、リーマン・ショック以来の下げ幅

2015/9/6 なんて楽観的なんだ! 先週(504-8/31)、「今週も、先週の後半ほどの勢いはないものの、日本株は上昇する可能性があると僕は妄想している。」と書いたが、結果はタイトルの通り、週間の下げ幅はリーマン・ショック以来、7年ぶりの大きさとなった*1。   大はずれで恥ずかしいことこの上ないうえに、含み損もハンパない。ただ、自己ワーストではない(自慢ではないが、もっと悪い時もあ...

» 続きを読む

2015年9月 3日 (木曜日)

506【税効果08】見積りに求められる“合理性”

2015/9/3 マインツの武藤嘉紀選手がハノーバー戦でブンデスリーガ初ゴールを含む2得点の大活躍を見せてくれた。このところ香川選手や岡崎選手も好調だし、日本代表の今夜のカンボジア戦、9/8のアフガニスタン戦が楽しみだ。   武藤選手は守備でも終盤まで素晴らしかった。マインツ監督のシュミット氏は前節のボルシアMG戦の武藤を評して「岡崎のようだ」と言ったとか。この献身性がチームに早く溶け込...

» 続きを読む

2015年9月 2日 (水曜日)

505【番外編】東芝:有報提出の再延期に憤り?

2015/9/2 税効果シリーズの続編を書いている時、東芝の有価証券報告書提出が、8/31から1週間延期されるというニュース速報が入ってきた。「ふ〜ん、関係者は苦労してるんだろうな」と思った。というのは、7/20の第三者委員会報告から有報提出日まで40日もの長期間が用意されており、それにも関わらず延期されたのだから、7/20以降もドッタンバッタンが続いたに違いない。第三者委員会の報告書の内容を思い...

» 続きを読む

2015年8月31日 (月曜日)

504【投資】“半値戻しは全値戻し”だが…

2015/8/31 今月は、まるでジェット・コースターに乗っているかのような激しい相場変動に見舞われた。あちこちで悲鳴が聞こえていたが、先週末の28日に19,136円(終値)まで戻したところでちょっと安堵感が出てきた。マスコミでは“ほぼ半値戻し”という表現もちらほら聞かれる。日経平均は人民元切下げ直前の8/10は20,809円(終値)から、25日には17,806円(終値)の底値をつけた。3,003...

» 続きを読む

2015年8月27日 (木曜日)

503【税効果07】会計方針と見積りの違い

  2015/8/27 昨日(水曜)の日経平均株価は570円の大幅高(18,376円)となった。同行者から、スマホに届いた速報メールのポップアップを見せられると、僕は「なに、いつかは下げ止まるものさ」と余裕の表情で言った。しかし、内心は違った。鼻の奥というか、目の奥というか、その辺りから頭頂部に至る頭の中、即ち、脳みそが優しくマッサージされたような快感、軽い麻痺感覚に襲われた。心底、安堵...

» 続きを読む

2015年8月24日 (月曜日)

502【税効果06】IAS12に会社分類やプランニング年数の記載なし

  2015/8/25 最近、やけに爆発が多い。天津の倉庫もそうだが、その南200kmにある山東省の化学工場でも22日に爆発事故が発生した。そのさらに南200kmにある上海では株式市場(の相場)が爆発し、世界中の株式市場に火の粉が飛び散って炎上している。韓国と北朝鮮の境界線では地雷が爆発し、タイでも爆弾テロが起きた。爆弾テロといえば中東、ヨーロッパ方面からは毎日のようにその関連ニュースが...

» 続きを読む

501【投資】中国経済の予見可能性

2015/8/24 マーケットが暴風雨にさらされ、荒れている。僕のポートフォリオも大分悪化した。しかし、先月の上海株暴落時に早まって売却して痛い思いをしたので、今回の嵐では、まだ踏ん張っている。僕が思うに、この嵐の原因は、世界経済の先行きに関する“予見可能性”が低下していること、即ち、米国FRBが利上げに踏み切れるかどうかについて不透明さが増していることで、それを引き起こしたのは中国だ。 ...

» 続きを読む

2015年8月21日 (金曜日)

500【税効果05】基準改善は会計方針の変更(by ASBJ)

  2015/8/21 人民元の基準値が突然切下げられ日本の株式市場に秋風が吹きはじめた頃からだろうか、ようやく酷暑が峠を越えたようで気温が若干下がり、僕の寝つきも良くなった。ただ、日経平均はそれ以来800円近くも下落しており、こちらの方は暑さが和らぐどころか凍えそうだ。やはり中国の存在感は大きい。   ところで、みなさんは“予見可能性”という言葉をご存知だろうか。読んで字の如...

» 続きを読む

2015年8月19日 (水曜日)

499【税効果04】公開草案の質問事項=改正の主な内容

  2015/8/19 すでにみなさんもご存知の通り、レスター・シティの岡崎慎司選手がプレミア・リーグ第2節、ウェストハム戦で移籍後の初ゴールを決め、レスター・シティ連勝の原動力となった。ゴール・シーンを視聴したが、足を精一杯伸ばしてのボレー・シュートをキーパーに上へ弾かれ、そこをさらに頭で突っ込み、ゴールネットを揺らした。まさに、ゴール大好きの岡崎選手らしいゴールだった。  ...

» 続きを読む

2015年8月13日 (木曜日)

498【番外編】戦争の反省と安保法制

2015/8/13 この時期は、毎年、先の大戦関連の話題がマスコミを賑わすが、今年は特に多い。70年という区切りの年ということもあるが、徐々に、国際情勢が緊張の度合いを増していることにもあるように思う。僕は時間の許す限りそういう記事や番組をチェックすることにしているが、毎年いつも、かなり食傷気味になる。しかし、今年はまだ飽きがこない。それどころか、ますます、興味が湧いてくる。   僕の場...

» 続きを読む

2015年8月 5日 (水曜日)

497【番外編】社畜、経営理念、社会的使命

  2015/8/5 東芝の粉飾事件については、スポットライトの一つが“監査法人の責任”へ向けられている。「監査法人はわかっていたはずだ。でなければ無能だ」みたいなものから、「責任の重さと監査報酬の低さ」を指摘したものまで様々だ。が、厳しい意見が大勢のようだ。   このような不正・粉飾は、顧客や社会を無視した“村の論理の結晶”として発生する。社会貢献を謳った経営理念をどこかへ置...

» 続きを読む

2015年7月31日 (金曜日)

496【税効果03】税効果会計と減損会計

2015/7/31 このシリーズの前回(493【税効果01】日本基準の見直しを機に)、前々回(495【税効果02】税効果会計って?)に記載してきた通り、このシリーズは繰延税金資産の回収可能性がメインとなる。現在進行中の日本基準の改正は、この問題を扱った監査委員会報告第66号(以下、単に“66号”と記載)をASBJへ移管することが目的だし、現在の税効果会計は、P/L面よりB/S面から理論構成されてい...

» 続きを読む

2015年7月28日 (火曜日)

495【税効果02】税効果会計って?

2015/7/28 今では当たり前になっている税効果会計だが、2000年の会計ビックバン以前は、知らない人が多かった。当時、監査チームの現場を仕切る立場だった僕には、クライアントの社長や部門責任者などから、よく質問があった。「一応、経理部から教えてもらってはいるんだけど、どうも分からなくて…」という感じで。「税効果ってなに? 簡単に教えて」 ん〜、難しい。   税効果については、会計と税...

» 続きを読む

2015年7月27日 (月曜日)

494【番外編】エスパルスが監督を変えないワケ

2015/7/27 中国経済も、ギリシャ問題も難しいけど、今、もっと分からないことがある。なぜ、エスパルスは監督を変えないのだろうか。年間順位は、すっかり最下位に定着してしまった。ちょうど1年前、アフシン・ゴトビ監督が解任された時でも、もっと(全然)成績が良かった。   もしかしたら、地元出身でチームのレジェントである大榎監督の人気が高く、観客動員数が多いのかもしれない。そう思って調べて...

» 続きを読む

2015年7月24日 (金曜日)

493【税効果01】日本基準の見直しを機に

  2015/7/24 暫く、IFRSの話題から離れていたが、久しぶりに戻りたいと思う。しかし、規準が公表されて間もなく、早くも、改訂作業が始まったIFRS15「顧客との契約から生じる収益」ではない。IAS12「法人所得税」だ。これはいわゆる税効果会計を扱っている。   日本では、現在、税効果会計に関する規準の見直しが行われている。5/26にASBJ(=企業会計規準委員会)から...

» 続きを読む

2015年7月21日 (火曜日)

492【番外編】東芝第三者委員会報告の要約版

2015/7/21 申し訳ないが、早速、赤字部分と関連する脚注を訂正した。   2015/7/21 「“不適切会計”ってなに?」とか、「“粉飾”じゃないの?」などと話題になっていた東芝の件だが、昨晩、要約版が公表された。事前報道の通り、冒頭から歴代経営トップの責任を厳しく指摘する内容になっている。なお、以下では“粉飾”という言葉を使って、この要約版の内容を紹介する。  ...

» 続きを読む

2015年7月19日 (日曜日)

491【番外編】ギリシャ問題、新しい主役はIMFか

2015/7/19 ギリシャの債務削減(=元本カットや、返済条件緩和による実質債務カット)に関するIMFの積極的な発言が目立ってきた。IMFは2010年のギリシャ危機では内規を曲げて融資判断することで、今に至る問題先送りに主導的な役割を果たした(という主張もある。詳しくは「480 ギリシャの言い分」を参照)。その後、トップ(=専務理事)もラガルド氏へ交代し、軌道修正を図っているようだ。  ...

» 続きを読む

2015年7月16日 (木曜日)

490【番外編】中国GDP統計と公正価値評価

2015/7/16 7月中旬といえば、そろそろ、東芝の第三者委員会報告が開示される頃だ。そう思って日経電子版を開くが、まだのようだ(7/15 時点)*1。その代わり、中国のGDP成長率が、この4−6期も7%とのニュースが目に入った。確か、1−3期も7%だったような…   このところの中国経済指標に良い印象はない。昨年11月以来4度も利下げをしたが、指標の勢いは弱まり続けている。したがって...

» 続きを読む

2015年7月14日 (火曜日)

489【番外編】ドイツのパワハラ?

  2015/7/14  ギリシャ人曰く。 「5年間言われたとおりにしたが、経済は縮小するし、失業率も下がらない。負債は逆に増えるばかり。今度こそ、本当に助けてくれ。」    ドイツ人答えて言うには、 「怠け者め、全然、努力が足りないよ。助けて欲しけりゃ、さらに節制せよ。」    ギリシャ人曰く。 「もう限界だ。これ以上の搾取は止めよ。」    ドイツ人答え...

» 続きを読む

«488【投資】イタッ! 中国株の暴落

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ